山行報告・南アルプス トップへ

           第1回 木曽路歩きの旅          

参加者 : 碇CL 赤木 泉 泉 久保田 田中 野村 森野 福家  計9

月日34() 〜7()  

歩行距離
延べ46.3km

行程 :  1日目:阪急梅田21:40→夜行バス→岡谷

      2日目:岡谷624→洗馬655〜贄川宿〜奈良井宿  宿泊:伊勢屋

      3日目:奈良井宿〜鳥居峠〜藪原宿〜原野宿  宿泊:天神温泉清雲荘
      4日目:清雲荘〜木曽福島宿〜上松宿〜寝覚めの床  JR上松1556→大阪2256

報告・感想:【2日目】中山道木曽路歩きの旅は塩尻の南に位置する洗馬から中津川までの街道93.8qを2回に分けて辿る。今回はその1回目46.3qだ。男女9人、JR洗馬をスタート。朝7時、天気は曇り。洗馬宿をさっさと過ぎて地図を手に歩く。道はJR中央本線にほぼ並行している。北に流れる奈良井川を見ながら、国道19号沿いを進み旧街道に入って宿場町を通り抜け山道を歩く。3月初めにしては暖かいが風が強い。古い街並みの残る旧街道を歩いていると民家の庭一面にフクジュソウが咲いていた。一里塚の周りや日当たりのいい土手にも咲いていて、小さい黄色の花が輝くばかり。梅の花も咲いている。本山宿を過ぎて最初の一里塚跡に「江戸より六十一里、京へ七十一里」の碑。京へはまだ半分以上の道のりだ。桜沢では「是より南 木曽路」の標識。次々に現れる一里塚や石碑をワイワイガヤガヤ見て歩くのも楽しい。第1回銀の道は傾いた石碑や朽ちた標識をたよりに道を探し回ったが、“歌に絵にその名を残す木曽路”は手入れが行き届いている。しばらく歩くと立派な熊手を持ったおじさんが現れ「この川は信濃川の支流の奈良井川、この先の鳥居峠が分水嶺でそこからは木曽川になって太平洋に流れる」と解説。熊手は猿除けだそうだ。国道を渡り山道を上がって行くと今度は高価なカメラをセットして何やら待っている風の男性二人。あたりは谷が迫り下方にはJRの線路、遠くにトンネルの出口が見える。絶好の撮影スポットだ。つい足を止めトンネルから電車が現れるのを待つ。やっと来たのは特急信濃。ところが「本命はこのあとの貨物列車です。もうすぐですよ。」と撮り鉄の方。結局30分以上ぼやっと線路を見下ろし貨物列車を見送った。さらに旧道を歩いて11時半。蕎麦屋の幟を見て山沿いの家の男性に聞くと「あっち、あっち、おいしいよ」と我々の行く方向を指す。昼食は蕎麦屋で決まり。贄川宿に入り関所跡を見て、さて蕎麦屋だ。通りがかりの人も「あっち、おいしいですよ」と言うがなかなか着かず、結局田中さんのスマホのお世話になり12時半ごろ到着。品書きは岩魚天ざる、山菜天ざる、岩魚骨酒、鰻、馬刺し…。い、いけない、街道歩きの途中だ。満腹になって奈良井宿を目指す。
 奈良井宿に着いてまず細い石段を上がり杉並木の古道を歩いて二百地蔵にお参りした。それから奈良井川にかかる大橋を渡り宿場の入口に立つ。広い街道がゆるやかに右へ曲がり両側に格子の入った重厚な家々が建ち並んでいる。今日の宿は旧脇本陣で築200年の「伊勢屋」。両側の家を覗きながら歩いて午後4時半到着。歴史を刻む建物と調度品、行き届いた食事とサービスに大満足だった。

【3日目】8時出発、幸い天気は持っている。今日のメインは鳥居峠越え。木曽路最大の難所だそうだ。奈良井宿の美しい街並みを南へ進む。道祖神手を合わせ水場で口をゆすぎ、鎮神社を通って峠道へ。歩き始めは古い石畳の風情ある山道だったが、すぐに“倒木危険”“立ち入り禁止”の指示。傾き曲がった電柱、垂れ下がった架線をくぐり、倒木を越えて登る。荒れた箇所を過ぎて上がっていくと今度は雪が積もり路面はツルッツル、道を渡るのも一苦労。そうこうするうちに鳥居峠に出た。▲1,197m。「御嶽山が見える」えっ、あれが御嶽山?雲のせいかちょっと違うように見えたが、野村さんがコンパスで確認。下りは凍りついた道を神妙に歩いて御嶽神社に参拝。御嶽山がきれいに見えた。そこから下は気持ちの良い道でカラマツ林を抜け白樺林を眺めて旧中山道に戻り次の藪原宿に到着。川が南へ流れている。分水嶺を越えて木曽川の方に来たのだ。川沿いの国道を歩き巴御前にちなむ巴ヶ淵を見て宮ノ越宿を過ぎた。その頃雨が降り出し、一路本日の宿天神温泉清雲荘に向かうはずがちょっとしたハプニングあり、それも良い結末を迎え宿での二次会はますます盛り上がるのでした。

【4日目】720分出発、曇り。江戸、京双方から同じ距離の中山道中間地点に戻り出発。辺りは畑が広がり山裾に霧がかかって水墨画のようだ。国道を進むと大きな関所の構造物があり、立派に復元された福島宿に来た。簡単に見て先へ進む。国道を横切り道の駅で今回3回目のお蕎麦。また国道を渡り川を眺めながら歩く。この辺りまで来ると木曽川は川幅も広く両岸のごつごつした岩がなかなかの迫力だ。名所「木曽の桟」も見物、やがて道は今回の旅の終点上松へ。最後の見どころ「寝覚めの床」への道を探すが、なかなか辿りつかずあっちへ行ったりこっちへ来たり。あげくに近道を先導する碇さんに逆らって遠回りの道を行ってしまった私。「コラッ」と言いたいのをがまんして付き合ってくださった皆さん、ごめんなさい。帰りの電車は青春18切符で上松発1556分に乗ったものの、事故のため中津川で1時間半の足止め。外に出て地酒屋で買い物、4回目のお蕎麦をホームで立ち食いして開通した電車に乗り込んだ。1058分大阪に帰着。ああ楽しかった、私もメンバーの色に染まりました。
                                     【福家】