山行報告・南アルプス トップへ

           第2回 木曽路歩きの旅          

参加者 : 碇CL 赤木 泉富 久保田 田中み 野村 森野 福家 計8名

月日41日(金)〜3日(日)  

歩行距離
延べ38km

行程 :  1日目 大阪6:33→中津川→倉本駅〜須原宿 宿泊:民宿 いとせ

      2日目 須原駅6:53→野尻宿〜三留野宿〜妻籠宿〜大妻籠 宿泊:つたむらや

      3日目 大妻籠〜馬籠宿落合宿中津川宿 中津川駅→大阪駅2217

報告・感想:

中山道は峠道の難所はあるが東海道と違い大きい川がなく川止めや渡しなど水の不便がなかった。そのため女性が多く歩いたので「姫街道」と言われたそうだ。江戸の徳川家に嫁いだ皇女和宮もこの道を通ったという。さて中山道木曽路歩きの2回目、一行8名は須原から中津川までの7宿を辿る。

【1日目】早朝大阪を発ち、青春18切符で快速を乗り継ぐ。車中でメンバーお手製の鯖ずしを頂き、中津川で途中下車。前回立ち寄った地酒屋で買い物、本陣・脇本陣を外から眺め、通りがかりの人が教えてくれた五平餅で小腹を満たした。中津川宿は桜が咲き春盛り、街道から堂々たる恵那山が見えた。
再びJRで北上、倉本駅下車。碇さんの先導で地図を手に標識を確認しながら空木岳の登山口を過ぎJRのガードをくぐり木曽川左岸を歩く。しばらく進むと対岸に白いコンクリートの建物、発電所だ。この辺り桜はまだだが梅やコブシなどたくさん咲いていて、これは何の花?向こうの山肌に白く見えるのはタムシバ?と花談義。ツクシやワラビも見逃せない。木曽路は芭蕉、良寛など古い句碑や歌碑も多く、ああでもないこうでもないと読み下すのも楽しい。街道は国道と重なり、また地道に戻ったりしながら一里塚を通り須原宿に入った。落ち着いた古い街並み。丸太を舟のようにくりぬいた“水舟”が置かれ、流れる水の音が心地よい。木曽路は水が豊富なのだ、前回も奈良井宿など風情のある水場がいくつもあった。通る人の少ない須原宿をうろうろしていると、角から買い物籠を持ったおばさんが現れた。自然と話が弾聞けば年は82、大阪に住んだこともあると言う。須原の踊り「ばねそ」のことを尋ねると、音の出る案内板の前で一節、踊って見せてくれた。さすが!堂に行っている。「ばねそ」のおばさんと別れ、道は川の方に曲がり階段を下りて竹林を過ぎる。名刹常勝寺に参拝、大きな達磨像にあっけにとられた。木曽川を渡って今日の宿、民宿「いとせ」へ。橋の上から後方を見ると遠くに白く輝く山々が見える。木曽駒ヶ岳、その右が空木岳だろう。夕食後の反省会は中津川の地酒や信州ワインで盛り上がったそうだ。

【2日目】6時半出発。晴れ。時間の関係で須原―野尻間はJRでスキップ。七曲りと言われる野尻宿から歩き始め木曽川を眺めながら進む。この辺り川の深さはどのくらいか、水はエメラルドグリーン、河原の岩は大きいが少し丸みを帯びている。大正時代に作られた読書ダムを見下ろし、渓谷美で知られる柿其峡の入口まで行き、戻って国道を渡り三留野宿に入る。須原宿では蕾だった桜がここでは満開に近い。街道から少し外れ、木曽川にかかる巨大な木製吊橋「桃介橋」を見に行った。大正時代に水力発電開発の資材運搬用に架けられたもので、木の橋の中央にレールの跡が残る。木曽川の広い河川公園をまたぐ全長247mの橋を渡り、気分爽快で木曽路に戻る。街道はここから木曽川を離れ妻籠に繋がる山あいの道を上がっていく。途中妻籠城址への別れ道があった。寄り道して10分ほど登り頂上に着く。小さな山城跡だが見晴らしがよく、春霞(黄砂?)の中下方に妻籠の町並が煙って見えた。元の道に戻り石畳や竹林の道を歩き、やがて観光客で賑わう妻籠宿に到着。外国人が多いのに驚いた。妻籠宿の小さい蕎麦屋は満員。妻籠宿をサラッと見て通り過ぎ、宿場の外の蕎麦屋で昼食、山あいの道を半時間ほど歩き、桜、スモモ、コブシ、スイセン…春の花に彩られた大妻籠に着いた。今夜の宿は街道沿いの「旅籠つたむらや」。宿の主人が作る濃厚な味のどぶろくが大好評で皆自宅用に注文、おかみさんの山菜、川魚料理もおいしく、いろりを囲んでの反省会も楽しい一夜になりました。

3日目】7時半出発、薄曇り。まず17世紀の古民家藤原家住宅を見学、石畳の別れ道上って行く。フキノトウを探したり、道草いっぱいの旅。棚田もあって昔ながらの田園風景を満喫。この辺りの街道は外国人のカップルや家族連れで賑わっている。牛頭観音を通り過ぎ、山道を上がり下りして2つの滝、男滝・女滝に出た。昨夜のどぶろくはこの滝の名前を取っている。しばらく山の中を歩馬籠峠801mに着く。県境を越え、岐阜県側に下り馬籠宿に着いた。昼食はもちろん蕎麦。馬籠宿を過ぎしばらく行くと「是より北 木曽路」の碑。ここで木曽路は終わりだ。曲がりくねった石畳の道を下り落合宿へ。終点中津川宿までの住宅街を辛抱して歩き、温泉とぼたん鍋で復活。3日間の街道歩き春18切符で締めくくった。

            【福家】