2015年八ヶ岳山行報告(年納め山行)〜

 

【月  日】20151229日(火)〜1231日(木)

【行  程】12/28>>大阪モンベル前2100集合/2105出発

12/29>>赤岳山荘駐車場400〜(仮眠)〜750発〜美濃戸山荘800〜(北沢コース)〜堰堤広場900〜赤岳鉱泉1015/テント設営1130発〜赤岩ノ頭1310〜硫黄岳1330〜(大滝散策?)〜赤岳鉱泉(泊地)1520

12/30>>起床345〜赤岳鉱泉600出発〜行者小屋645〜(中岳道)〜中岳のコル850〜阿弥陀岳830〜中岳945〜赤岳1050〜赤岳展望荘1135/1250〜地蔵の頭1305〜(地蔵尾根)〜行者小屋1350〜中山乗越展望台1425〜赤岳鉱泉(泊地)1500

12/31>>起床撤収400〜赤岳鉱泉700出発〜堰堤広場800〜赤岳山荘駐車場910〜(帰路/温泉もみの湯/食事)〜大阪1700

【天 候】12/29-曇りのち晴れ、12/30-快晴、12/30-快晴

参加者】野坂(CL)、菊地(SL)、中嶋、舛井、河角(記録)

【報 告】

 今年は、暖冬で雪の状態が心配で、この冬、初の雪山で少し緊張もあった。当初、八ヶ岳山荘で仮眠の予定であったが、道には全く雪は無く、さらに上の赤岳山荘駐車場まで行くことができ、1時間儲けることが出来た。仮眠をして、身支度を整え、750出発。八ヶ岳方面は雲がかかっている。雪は少ないが寒い。しかし、歩くと身体は熱くなり、すぐ衣服調整。堰堤を過ぎた辺りから、ようやく本格的に雪道になる。さらに、ところどころ道が凍っており何度か滑りそうになり緊張する。でも、雪を見ると気分が高揚してくる。やっぱり雪山はいい!赤岳鉱泉に到着するとアイスキャンディーでクライマーが登っている。カッコいい!テントは、アイスキャンデーの前に設営。積雪が少なく竹ペグを使う深さも無い。1130早々に硫黄岳に向けて出発。登り始めて、すぐに雲が切れ始め、森林限界を超えたころには雲はなくなり絶景が広がった。雪の白さ、岩稜の黒さ、空の青さ、全てが美しかった。その日の晩御飯は、赤岳鉱泉名物の山のステーキディナー。幸せの極み。食事を終え、就寝ギリギリまで小屋で過ごし、テントに戻り就寝。朝200、トイレに外に出る。満天の星空。かなり寒い。体温の高い私でも長くは見ていられなかった。

  2日目、今日は阿弥陀〜赤岳。朝早々に食事を終えて予定通りヘッドランプをつけて600出発。行者小屋につくころには明るくなってきた。今日も天気はいい!程なく中岳道、アイゼンをつける。中腹を過ぎた辺りで下を見てビックリ。思っていた以上の急登と高度感。滑ったらどこまで落ちるのやら。中岳のコルまで登ると目の前にド〜ンと富士山。日本人にとって富士山はやっぱり特別な存在。阿弥陀岳までは岩場なので注意。山を始めたころは怖いと思っていた岩場も、今では楽しく感じる。山頂では雲一つない快晴、南アルプスが近く見える。岩場は登りより下りが緊張。足を引っ掛けないよう注意し、アイゼンを利かせて下る。続けて、赤岳。ちょうど雪山教室でも行ったルートであり、前年の雪山同期の松芳さんとヘロヘロになりながら励ましあいながら登った事を思い出す。今回はタップリ寝たせいか体調がいい。やっぱり睡眠は大切だと痛感する。そして何より登頂には天候が大切。赤岳はいつも快晴で、私は厳しい雪山を知らない。天気が良くても稜線では風はきつく、少しでも顔が出ていたら痛くなる。それだけに、荒れた時の雪山を思うと怖く感じる。それでも赤岳山頂からみる日本アルプスの峰々、そして富士山、雪山最高!。帰りに展望荘でゆっくりカレーを食べた。晩は、赤岳鉱泉でしゃぶしゃぶとワインで5人でお祝いをした。やっぱり八ヶ岳はいい!いいとこ取りの雪山満喫満腹山行。野坂さん(CL)、菊地さん(SL)、中嶋会長、舛井さん、終始楽しく過ごせました。ありがとうございました。

 
【赤岳山頂にて】中嶋・舛井・野坂・河角・菊地(左から)

 最後に、わたくし事であるが201611日付けで千葉に転勤となった。したがって、今回の山行が壮行会山行のようになってしまった。私は2014年に豊中労山に入会し、その年の雪山教室で雪山の厳しさ、楽しさを学んだ。その後、2015年度初級登山学校に入り、グループ登山の難しさ、楽しさを学んだ。豊中労山には大変お世話になり、これから恩返しのつもりでいただけに転勤は複雑であった。しかし、必ず大阪に戻ってきます。それまで、今まで学んだことを糧に関東の山で遊ぼうと思います。2016年、豊中労山の皆様にとって安全で楽しく山登りができる年でありますように!                  

【記:河角 耕司】

山行報告・南アルプス トップへ