東北の山 トップへ


◇◆早池峰山≪1917m≫、岩手山≪2038m≫、八幡平≪1613m≫◆◇

                                                                     A班 神田幸枝
日時 2016年7月4日(月)~7月8日(金)

参加者:CL 神田定信、SL 神田幸枝

7/4(月):伊丹空港1025~花巻空港1150 ~千葉家曲がり家見学~小田越山荘・1600バンガロー泊 夕食・自炊
 
平日なので広い敷地に5棟のバンガロー使用は私たちだけ。お風呂も自分で沸かせ、調理室、食堂の使用も独占で
静かなゆったりした時間を
過ごせました。
バンガロー内温度15度。
(以前、戸隠キャンプ場でバンガローを使用した時は使用料も高く、
廻りも一杯で狭いところでしたが需要と供給ですね)


7/5
(火):
早池峰山(小田越コース)起床400登山口550(気温5度)~お鉢回り岩~お金蔵(5合目)~
鉄鎖場
715~剣ケ峰分岐730~9合目避難小屋~頂上745 往復 下山時剣ケ峰に立ち寄り。 下山1020
携帯トイレ必携、販売の看板があちこちに。登山口の監視の方の話では7月に入って天気が良くないが、
晴れているときはハヤチネソウに露が付かないのでカメラマンは霧吹きを持ち歩き写真を撮るときは水をかけて撮影するとか。
今日は湿気もあるし花も一杯見れるよ!と声をかけてくださいました。
ニュースで夏の暑さが話題になっているとき5度は気持ち良さを通り越して、ひやりと冷たい。

1合目辺りから高山地帯となり早々とハヤチネウスユキソウが顔を出してくれる。
しっとり露を含みキラキラ輝いている。5合目までドンドン花が広がっていっている。
きれい!とため息を付きながら今回の花山行に期待が膨らむ。
ハヤチネウスユキソウと一緒に色々な花が次々と顔を出している。
ミヤマシオガマ、ヒメコザクラ、ハクサンシャクナゲ、イワウメ、ミヤマキンバイ、シナノキンバイ、ナンブトラノオ、・・・・・
5合目で少し様子が変わり6合目竜ケ馬場のハイマツ帯を抜けると蛇紋岩の巨岩帯となり、鉄製のはしごを登る鎖場に至る。
9合目辺りから見渡す限りのイワカガミの群生、何処でも見れる花だけどどこまでも続く
イワカガミ。ここまで咲いているのは初めてみました。下りは名残惜しみながらひたすら下ります。
ハヤチネウスユキソウに付いている露が風に吹かれミストシャワーのように心地よく顔に降りかかってきます。
(お風呂・食事付きユース泊り)


7/6
(水):
天気予報通り朝から雨。風が強く岩手山登山を明日に変更し、
八幡平・御
在所沼~五色沼コース計4.5Km、1時間30分ほどの遊歩道散策。 
石川啄木記念館(入館料300円)、岩手山の火山活動における緊急時の活動拠点
「イーハトーブ火山局」も見学し、監視カメラで岩手山が常に監視されていることを知りました。
(お風呂・食事付ユース泊り)

7/7(木):いよいよ今日は岩手山。一日伸ばしたお蔭で取敢えず雨はあがりました。
 岩手山:柳沢コース(馬返しコース)登山口5400.5合目~1合目640~8合目小屋
900~岩手山頂上・一周御鉢巡り1020
登山口で準備し、相方がトイレへ。「クマがいた」と慌てて帰ってきました。
小熊が一頭、キャンプ場の所のトイレの先、30m先を歩いていたそうです。
私たちも持ってきた鈴と笛を付けて出発しました。
5分前に1人、出発されたのですが?下山時、地元のボランティアで避難小屋に向かう方にお話を聞くと
熊は1年たつと親熊から離され自分で縄張りやエサを探すために自立していくそうです。
その熊だろうということでした。
火山の山らしい登山道です。
8合目の避難小屋では「東北がんばろう」の法被を着た人が山小屋の当番として宿泊されていました。
毎日交代で避難小屋に登って来られるそうです。

頂上に登り、強い風の中御鉢巡りをしましたが、ずっと見渡す限りコマクサの花、花
何処までもコマクサが。感動で降りてきましたが今年は雪が少なく、雪解けが早かった為、
お花が小さいそうです。
今、外来種のたんぽぽ駆除にも取り組まれていて明日はボランティアの方たちと頂上で駆除活動をされるそうです。

どこでも地道に活動されている方たちが沢山いらっしゃることに感謝です。
ハクサンチドリ、タニウツギ、マルバシモツケソウ、ミヤマキンバイ、ウラジロヨウラク、ウサギギク、ヒメシャクナゲ・・・(温泉、安比高原カムイの森ユース泊)
他に宿泊客は私たちだけ。、オーナーと3人でスープ、有頭エビのクリームソース煮、ステーキの夕食のメニュー。
色々な会話を楽しみながら朝食も美味しい和食を3人で。

7/8(金):八幡平:朝から最高のお天気でした。
 県境登山口
900~見返り峠~八幡沼~源太分れ~凌雲荘~八幡沼・ガマ沼展望台~
八幡平・
1000展望台~県境登山口1030
木道に沿ってずっと咲く真っ白なワタスゲ、ニッコウキスゲの道、キヌガサ草の群生地、チングルマ・・・
この山も花、花、花。しかもどこまでも続くお花畑
東北の山はどこまでも広がり優しさと雄大さが同居していて大好きです。
何処の山でも避難小屋がとても整備されていて立派です。
花を眺めながら、鳥の声に耳を傾けながらのゆっくり山行が出来ました。
今までは
食料持参、テント持参のスタイルでしたが昨年の北海道山行でユース泊りに味をしめ
今回もバンガロー、ユース泊りで行ってきました。