トップへ 山行報告INDEXへ

四国・剣山と石鎚山-瓶ケ森縦走

 

参加者: 佐々木正躬、井上 朗、野村靖治(CL)      期間: 520日〜24

行程: 5/20 大阪〜美の越 駐車場泊 5/21 美の越6:45→剣山8:27/10:35⇔次郎笈9:30 (⇔一の森11:40)→美の越14:30       伊予西条駅ホテル泊

5/22 西之川登山口7:23→天柱石12:55→夜明峠14:45→二の鎖避難小屋15:35⇔弥山・(井上・佐々木)天狗岩→避難小屋18:10 (避難小屋泊)

5/23 二の鎖7:05→土小屋10:00→瓶ケ森白石小屋17:00 (テント泊)

5/24 白石小屋6:40→女山7:27→男山8:00→瓶ケ森ヒュッテ8:43→東之川旧道登山口12:46 〜 西之川登山口13:18 〜 大阪20:00

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

5月中旬に九州へのドライブ山行を計画していた処、「熊本地震」が発生した為、やむなく四国の剣山、石鎚山をメインとしたドライブ山行に変更することとなりました。私自身、テント泊縦走も四国の山に登るのも初めてで、期待と不安の気持ちを抱えての挑戦でした。

 

 2千メートル級の山が連なる剣山からの景色は素晴らしく、又そこで出会った「百名山を目指しているご夫婦」、「子供2人を連れた若い地元のお父さん」とのふれあいなどとても印象に残るものとなりました。

 

3日目の西ノ川からの石鎚山2の鎖までの高度差1300mのフル装備での行動は、とても一人ではできないものでした。素晴らしい仲間とお天気に感謝した、楽しい山行となりました。                                           井上 朗      

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨晩、夕日と月を眺望した小屋から本日(5/23)縦走する瓶ケ森が東方に望める。15km先だ。

愛媛と高知県の県境を行き来しながら、ブナが茂り時折アケボノツツジが美しいトレイルだ。しかし、これ以後は昇りと笹漕ぎの連続で大きく時間を超過してしまい、本日中の登頂は中止して瓶ケ森白石小屋前で幕営。 (瓶ケ森の小屋は全て廃屋。)

 

 朝一で双耳峰の女山、男山を極めながら.眼下の氷見二千石原と白骨林と楽しむ。西方には登りし石鎚山の弥山と天狗岳がハッキリ見える。いよいよ下山開始,急峻ながら時々の石楠花が心を癒してくれる,新道は崩落で駐車の西之川の2キロ北方に下山、車道を40分も歩くのか・・・そこで救いの神・・・乘ってけや愛媛のおじいさんに甘える・・・有難うございます。                                               佐々木正躬