里山INDEXへ
第2回へ
横巻き: 第1回おおさか里山歩き・《おおさか環状自然歩道》

日 時    平成 19年9月15日 (第3土)

*参加者

碇 (CL)、御旅屋(春)、川津(SL)×2、高橋、田中(チ)、降旗(光)、松田、藤原、藤田 (一般)、 

 以上10名

*コースタイム

能勢町平野口・おおさか環状自然歩道基点・ 8:50−登山口10:08 −三草山 10:50(食事)11:35−才の神峠11:57−登山口:12:15 −滝王山 12:55−長谷山13:15−牛の小山14:20−長谷集落14:48− 森上バス停 15:30

*登った山  

@三草山▲ 564,1mA滝王山(竜王山▲)570mB長谷山▲507m C牛の子山▲ 450,8m

*歩行距離   4,1km、

*歩行時間   6時間40分

*天 候   晴れ一時小雨

記 録

 今回計画の、大阪の里山歩きは近畿自然歩道の内、 おおさか環状自然歩道の近くの里山 や自然歩道を比較的のんびりとした、山行にしょうと計画を致しました。近くの里山には、最近誰も入山をしないので地図 上には明確にある道が無くなり、入山口が塞がって判らなくなっ ている箇所もあります、計画中のコースや登る山の予定はしばし変更になります。

 今回第1回の里山歩きの参加者は、 10名で当日の天気は良く晴れてまずまずでしたがまだまだ残暑の厳しい日でした。
  おおさか府民牧場まえが今回の基点、コースは 能勢町 の田んぼの脇を通り、蝶やその他昆虫の保護をしている、ゼフイルスの森を通り大きく開けた三草山へ、山頂からの展望を楽しみながら昼食、食後記念撮影をし、昔々の交通の要所であった才の神峠より滝王山へ、下見の時にはあった、車のタイヤの跡もあった分岐点を見落とし、( 100m程)通り過ぎ引き返す。
 登山口を確認後、シイタケの栽培横を登り、大きな岩が、ゴロンゴロンと出ている、なんとなく薄気味の悪そうな山中を、古い踏み跡を頼りに進む。
 なんとなく山頂が近い雰囲気を感じ檜の林の中に薄暗い所で、高さ5m位の大きな岩があり、又祠があり、木の札があって竜王山である事や山頂を確認する。程なく長谷山を目指す、20分程で長谷山に到着するが展望もよくないため直ぐに出発し、牛の子山をめざす。
  少し下り長谷集落への分岐を過ぎ暫くは道もしっかりしていたが、だんだんと細く踏み跡も薄くなり、地元の方もほとんど入山していないと思われてきた、約1,5kmの間は手探り状態、牛の子山の山頂付近で三角点を探すが、藪漕ぎの連続、皆で手分けをするが、なかなか見つけ出すことができなかった。
  少しバックし下山コースを探すが、南か東の方向に行く予定が、どうしても下山コースを見つけ出せず、やむなく北のコースを取る,
  下山路では分岐点のつど東側の方向と取ったところ、視界が開けたら牛の子山の中腹を約半周し予定の南側の長谷川上流に出る、【長谷山までは下見をしていたが、時間に余裕があるので牛の子山を山追加し。
  下見なしでの、牛の子山への入山、集落の直ぐ裏山の里山とはいえ下見無しの計画で、おおいに反省をする】ここからは長谷の集落や森上地区を見ながらの下山した、農道を歩行中に通り雨に見舞われる等予定より大幅に遅れて、計画より40分も遅れ森上バス停に到着する。

報告者 碇 強



  第2回へ