里山歩きINDEXへ 第9回へ 第11回へ
横巻き: 第10回 おおさか里山歩き《おおさか環状自然歩道》

日  時  2008年5月17日(土)

参 加 者

碇 (CL) 、泉 (堯、富)、 御旅屋 春 、上口、川津 (一、勉 SL )、 豊島、松田、橋本、幡司、原、降旗 (光、大) 高橋、田中、森野、渡邉、藤田、 20名

 

コースタイム

JR高槻7:51−空谷橋8:22-8:41(岡山林道) −登山口9:50−金比羅山 9:57−4等三角点10:53- 地獄谷峠11:25−高ヶ尾山12:24−荻谷分岐 13:27-白滝茶屋15,04−三好山15:37−塚脇バス停16:14

*登った山 金比羅山 ▲ 561.1m 高ヶ尾山 ▲ 480,5m、三好山 ▲ 190.1m 

*山 域   高槻地区  NO2、

*歩行距離  18km、

*所要時間  7時間33分、

*天 候   晴れ、

 準備体操後、空谷橋バス停前から岡山林道に入る快晴の中、林道沿いに多くの山藤やつつじ等の花が咲いて我々を迎えてくれ、高低さ約300mが余り高さを感じない内に、予定通りに金毘羅山に登頂する。
  対岸にポンポン山が、下見の時には見えていたが、今回は葉が茂り眺望はなし、早々にプレートを付け下山、次の目標の高ヶ尾山を目指す、再び尾根道の林道を歩く前回登った竜王山や鴻応山の山並みが美しい、山並みを右側に見ながら、少し進むと左側には次回の予定のポンポン山の山並みが見える、少し進むと 4等三角点付近で小休止はワラビ採りになる。摂津峡 白滝
  少し進めば、地獄谷峠を過ぎ高ヶ尾山登山口は標識も無く判りにくい、登山者も少なく道も判り難く、最後の登り口で道が判らず迷いウロウロ、少し引き返し鞍部で昼食を取ろうとすると倒木の後ろに道が現れ、昼食は中止し再度山頂をめざす山頂でやっと昼食 になる、ここの山頂も眺望はなし、 昼食はゆっくりと取る、食後プレートを取り付け、地獄谷峠までに引き返す。
 ここからの荻谷の集落までの道は廃道であるが注意しながら下山をする。 分岐から車道を通り荻谷総合公園へ入る、小休止の後摂津峡を通過白滝から三好山 に此処の登りも登山者は少なく、ロープ を伝っての箇所もある。
  山頂からは高槻市内や名神高速道路も見える、 1553年三好長慶が入城した芥川山城址である、此処で記念写真を撮り塚脇の田園地帯を見ながら城址を後に、塚脇バス停をめざし下山をする。

報告者  碇  強


第9回へ   第11回へ