里山歩きINDEXへ 第10回へ 第12回へ
横巻き: 第11回 おおさか里山歩き《おおさか環状自然歩道》

*日 時   2008年6月7日(土)

*参加者

碇 (CL) 、内川、御旅屋( 春、瑛 )川津 勉 ( SL) 、久保田、豊島、橋本、原、藤原、武藤 ( SL) 、高橋、森野、渡邉、藤田、 15名、

*コースタイム 

JR高槻7:51−神峰山口8:15−神峰山寺8:45−本山寺10:03−ポンポン山 11:20(昼食)11:50−釈迦岳12:25−分岐13:30−大沢13:41−向谷山 14:00−水無瀬渓谷14:20−尺沢15:45−若宮バス停16:10、

*登った山 ポンポン山▲ 678,7m、釈迦岳▲631m、向谷山▲478,3m、

*山 域  高槻地区  NO3、

*歩行距離  18,7km、

*所要時間 7時間 55分、

*天 候  晴れ、

*山行記録

 今回も天候に恵まれた山行になった、高槻から神峰山口のバス停より出発する、東海自然歩道の分岐点の駐車場で準備体操の後、神峰山寺の本尊は毘沙門天・役の行者小角が開山・開成皇子が創建された社殿に参拝し、次は本山寺に向かう、本山寺も本尊は毘沙門天・役の行者がこの地で堂を構え、行をしながら毘沙門天の像を刻んだと言われている、野鳥のさえずりを聞きながら、休息を取りながら登る、本山寺で休息後いよいよポンポン山の急登に挑戦する。スタートより約 3時間で山頂に到達すると多くの登山者が休息中、天候は良いのだが霞んで遠望は期待できなかった、我々も昼食を取る。山上で記念撮影の後に例によりプレートの取り付け、釈迦岳をめざし東のコースを取る、35分で山頂に到達するが眺望も無い為にプレートの取り付け、直ぐに下山コースを取る、時には野いちごを摘まみながら大沢の集落をめざし急坂を下る。

 大沢では天然記念物の大杉に対面し根回り6,7m太さに圧倒される。次にめざしたのは向谷山である、急登を喘ぎあえぎのぼる、山頂には電波塔があり、眼下に 枚方や京都方面も見渡せる、小休止の 後最後のプレートを取り付け水無瀬渓谷 をめざし下山するギロバチ峠から水無瀬 渓谷までの、おおさか自然歩道は緩やかなアップダウンがあり、途中からは小川になりせせらぎを聞きながらの下山となった。

  水無瀬渓谷に合流すると急流になり最近の雨により水量も多く渓谷沿い天然記念物 大沢の大杉に下るには最高の気分 、途中には乙女の 滝があり今日は豪快に流れ落ちていた、また斜面地には可憐な雪ノ下の花がびっしりと見事に咲いていた。ほどなく尺代の集落に入り後は若山台のバス停をめざすバス停到着、予定より5分前水無瀬駅前では反省会も盛りあがる。

*天候も良く、予定の歩行時間8時間楽しく歩きました。

報告者  碇  強


 

 

茨木・高槻地区での里山歩き集計 *登った山、【 8山 】
9回目 竜王山▲ 510m、阿武山▲280,9m
10回目 金比羅山▲ 561.1m 高ヶ尾山▲480,5m、
三好山▲190.1m
11回目  ポンポン山▲ 678,7m、釈迦岳▲631m、向谷山▲478,3m、

*延べ歩行距離   【51 ,7km】平均17,2km/回

H 15km  I 18km  J 18,7km

*延べ歩行所要時間  【22時間28分】平均7時間29分 /回

H 7時間  I 7時間33分  J 7時間55分 

 

第10回へ   第12回へ