里山INDEXへ
第12回へ 第14回へ

横巻き: 第13回 おおさか里山歩き・《おおさか環状自然歩道》

日   時    2008年9月13日(土)

参 加 者  
碇、井手上、内川、川津 (勉、一)、岡田、佐々木(雅)、松田、柴田、 豊島、 橋本、 藤原、田中、武藤、高橋、森野、藤田、 17名

コースタイム
河内磐船 8:00−8:20、−住吉神社8:40(古道・かいかけの道)−かいかけ地蔵9:00−龍王山9:35−くろんど池10:48(昼食)11:30−月の輪滝−12:12−私市駅前12:33−星田園地入口13:10−休息所で小休止13:10−星のブランコ(つり橋)13:40−14:20、白峰14:30−星田妙見山15:00−新宮山八幡宮址15:25−星田駅15:40

*登った山   龍王山▲321m、白峰▲ 213,2m、新宮山▲?m* 山域 生駒山系

*歩行距離    14,8km、   *歩行所要時間 7時間20分 * 天候 雨後曇り後晴れ 

*山行記録

 前日の予報では雨マーク無しであったが、家を出かける時には小雨がぱらつく、集合場所の岩地磐船に到着後も変わらず、急用があった方もおられ 17名全員傘を差し通学の子供たちと同じ方向に出発する、市街地を抜け少し登り住吉神社で衣服の調整、雨も上がり古からの古道、熊野を目指し多くの旅人が行き来された、かいかけの道に入ると、歴史を感じるお地蔵さんや灯篭や石碑等が点在している、途中より立派な鳥居をくぐり、龍王山に登る山上にはかっては良く整備されていたと思われる、お社も手入れが出ず、石燈篭も倒れたまま、三角点は無いプレートを取付け、くろんど園地を目指す途中の道は足元も見えない藪漕ぎの連続、ズボンはビショビショ、園地に入ると良く整備された道、少し大回りをして、黒添池で昼食、沢沿いに下り睡蓮池から月の輪瀧を観賞し少し下った所が私市駅前、天野川沿いに整備が良く出来た歩道を登る、ほしだ園地内も良く整備が出来ていて、休息所でアイスクリームを買いおしゃべりをしながらの小休止、いよいよ今回の楽しみにしていた全長280mの吊橋・星のブランコを渡り、少し登った所にある展望台でまたも小休止後に、白峰に登るプレートの取り付け後、星田妙見山を目指し下山する。住宅地の脇を通り星田妙見宮の参道脇より入り妙見山頂には立派な三角点、神社の参道を通り星田の市街地に入る少し歩くと街中に小山が見えてきた所が新宮山、高さは不明ながら山上は立派に整備された公園、新宮山八幡宮址である記念撮影の後10分ほどで星田駅、ほぼ予定時間内の7時間20分で今回の山行無事終了。

報告者 A班 碇 強


 

第12回へ
第14回へ