里山INDEXへ
第14回へ 第16回へ 
横巻き: 第15回 おおさか里山歩き・《おおさか環状自然歩道》

*日 時 200811月9日()
*参加者 碇(CL)、内川、御旅屋(春、瑛)、川津((SL))、松田、           豊島、田中、高橋、森野、藤田 12

*登った山 河内飯盛山 314

*天 候 曇
* 歩行距離 15km  
*歩行時間 7時間


*コースタイム
  野崎駅8:00集合、8:03出発−野崎観音8:20−展望台8:40−中尾 根コース登山口8:50−飯盛山頂9:30−滝谷楠水の場9:50−権現の 滝10:20−室池休息所(10:5511:30食事)−阪奈道路横断11:55 −日下直越え道下山口13:00−日下町8丁目14:00−石切駅14:23− 石切神社14:40−新石切駅15:00

*山行記録

 今回は私の都合で予定より1日順延し参加が出来ない方もおられたがたが、天候に恵まれる事になった、予定より早くスタート、野崎観音慈眼禅寺は今日七五三の準備で忙しそう、既に数人のガードマンや神殿前には椅子並べられ準備万端の様子である、本殿の脇の登山口より登り裏山の展望台で小休憩、飯盛山登山は中尾根コースより入るいきなりの急登でゆっくりと登ると40分程度で山頂へ山頂には《小楠公(楠木正行) 》が有り多くの登山者が既に登られ休息や市内の眺望を楽しんでおられる、其処から下山コースを取る、滝谷楠水の場の湧水で喉を潤し、次は龍伝説が宿る(権現の滝)は美しい滝をバックに写真を撮りむろ池園地に向かう、公園内の休息所で早めの昼食を取る、美しい室池を見ながら生駒山麓を目指し信貴生駒スカイライン脇の生駒縦走路を歩く、阪奈道路を通過し65分で予定の日下直越えの下山路に到着するが急坂で草ぼうぼう、皆さん疑心暗鬼で入るが少し下れば確りとした登山道である谷筋で水も流れており余り手入れはされていない、約1時間下った所が日下町で生駒駅までは23分、時間が早いので石切神社を参拝する事になり参道を下るハイキングセミナーの方達も神社に来られ、偶然に出会う、参道は随分多くの人々で賑わっている、占いのお店の多さにはびっくり、また神社本殿前でお百度を踏む方々の余りの多さに圧倒された、参拝後15時に新石切に到着する。

報告者   A班 碇  強


第14回へ 第16回へ