里山INDEXへ
第16回へ 第18回へ 
横巻き: 第17回 おおさか里山歩き・《おおさか環状自然歩道》
*日 時 200921()
*参加者 碇(CL)、植木、内川、川津((SL))、田中、高橋、降簱(大、光)、森野、原、橋本         、藤田 13名
*登った山 高安山▲487,4m
*天 候 晴れ
*コースタイム 元山上口駅8:44-山口神社9:00-清滝地蔵9:30-平等岩9:54-西の覗き10:30-              さい道合流点10:56-鳴川峠11:00-展望台昼食11:36-鐘の鳴る展望台12:12-十三塚12:56-高安山14:02(おお道下山道)信貴山口駅15:16
*歩行距離 12,5km
*所要時間 6時間32
*天候 晴れ

*山行記録

 1月31日は天気予想ではかなりの雨との事なので、一日延し山行を実施する、役行者も修行をしたと伝えられる業場コースを登った。

元山上口駅前からは緩やかな坂道を,山口神社から清滝地蔵までは明るい緩やかな道を歩く、揺地蔵から少し進み行場コースに入る「鳴川峠まで1,7kmの標識」がある、沢沿いに少し進めば鐘掛岩は竹やぶの中にある大きな岩、少し進みいよいよ山道に入る、平等岩はかって鎖がつるしてあったが今はフックの後があるのみ、次は大黒岩から蛙岩、少し登れば蛇腹岩(蛇の鱗状の岩)を登り関電の鉄塔の下で小休止を取る、次に西の覗きまでピストンし鳴川峠に向かう、峠近くの展望台で寒の中で皆さん、眺望よりも寒さ対策の為、床に座っての昼食となる。次は鐘の鳴る展望台から大阪平野が一望に天気も良く、最高の眺望でしたが高度恐怖症の方は残念ですが、地上より12mの高さには登れませんでした。集合写真を撮り少し進み十三峠の十三塚は「重要有形民族文化財」に指定をされている、最高点▲438mや石仏群を観賞し、6分ほどで大阪管区観測レーダー観測所の裏山が高安山である山頂からの眺望はなし此処の山城は667年に築城された古代の山城跡で山頂より10分ほどで高安山山頂駅がある、途中よりおお道の谷筋を八尾市のみどり課「イノブタに注意」の看板がある場所から、急斜面で段差がある悪路を40分かけ下る、下り終えたところが信貴山口駅だ。一日順延し天候も回復全員快調な山歩きが出来ました、所要時間6時間32分はほぼ予定通りの時間でした。

報告者   A班 碇  強