里山INDEXへ
第18回へ 第20回へ 



*日 時 2009年3月7日(土)
*参加者 碇(CL)、内川、岡田、川津勉(SL)、神田、
           久保田、清水、田中、高橋、豊島、降籏(光)松田、
           森野、藤原、橋本、渡辺、藤田 17名
*登った山 ▲屯鶴峯154m,
              二上山(▲雌岳474,2m、▲雄岳517m)
*コースタイム 関屋8:48−屯鶴峯9:46-10:08−ダイトレ北入口10:19−鉄塔11:03−
                   緑鉄塔11:29−二上山、雌岳12:09(昼食)-雄岳13:07−
                  鹿谷寺跡下山口13:41−ろくわたりの道登り口14:00−太子温泉14:50
*歩行距離 11km  *所要時間 ≒6時間
*天候 晴れ

*山行記録
今回から、ダイヤモンドトレール(金剛葛城自然歩道)は屯鶴峯から槇尾山まで45kmのコースである。高井田から関屋までは繋がって無いコースは次回以降にする事にする。関屋からの出発は遅れた方少し待ち、18分遅れで関屋駅をスタート住宅の中を通り過ぎた、香芝総合公園で準備体操を済まし屯鶴峯の北からの縦走コースの入り口を探すが見つからず予定通りの虫穴経由のコースに進む、どんずる峯の岩場を登り山上から暫し天然記念物の奇岩、奇勝の景観を楽しむ、ダイトレの基点を確認しスタート登山口から登りのコースは階段やアップダウンが多く約60分で二上山が綺麗に見える鉄塔下で小休止、次は緑の鉄塔を左に見ながら二上山の雌岳山頂に12時05分に到着する、山上からの遠望を暫し楽しみ、プレートの取り付け、少し下り斜面地で穏やかな日差しを浴びながらのゆっくりと昼食をいただく、
食後に雄岳の葛木二上神社に参拝し少し下り大津皇子の前で集合写真の撮影、下山コースは鹿谷寺跡を目指し急坂を下るが少し急ぎ右のコースを取る、ほぼ下ったところから次はろくわたりの道の登る、急坂が続くが尾根に出ると素晴らしい山並みや振り返れば二上山が真近に見える尾根道を下る、最後の急階段を下った所から南阪奈道路のガード下を通りのどかな畑の車道に出る、少し歩くと畑の横で多くの方が軽四輪トラックを囲み、なにやら作業をしている様子、近付くとトラックに上で大きな近くで捕獲された、猪の解体中であるこの様な作業を見るのは初めとの事で写真を取り、牡丹鍋の話をしながらゴールの太子温泉は直ぐ其処に見えてきた、今回も楽しい山行が出来ました。(残念ながら今回所用で参加出来ない方がいた。)

報告者 班碇 強


第18回へ  第20回へ