里山INDEXへ
第1回へ 第3回へ
横巻き: 第2回おおさか里山歩き・《おおさか環状自然歩道》

日 時   平成 19年9月29日 (第3土)

*参加者
碇 (CL)、内川、御旅屋×2、川津(SL)×2、久保(B班)、高橋、原、福家、降旗×3、松田、藤原、武藤( SL)、藤田、以上17名、

*コースタイム
能勢森上バス停・ 9:05-浮峠9:44-行者口9:56-行者山10:55六地僧 11:33-剣尾山11:43(食事)12:16-横尾山12:52-不動明王 14:21-能勢温泉14:30、

*登った山  @ 行者山 469m、A剣尾山784m、B横尾山784,9m

*歩行距離   13,2km、

*歩行時間  5時間20分、

*天 候   曇り、

 前回のゴール地点からの出発、天気は曇天でした天気に恵まれ、日焼けもせずに済み、女性には良かったのでは、能勢町今西を過ぎ浮峠に入る。
  行者口から北摂を代表する山である。剣尾山の前座の山の行者山では、岩峰が多く展望良く、蟻の戸渡りや西の覗き、東の覗きと、前回登った三草山や竜王山、牛の子山が手に取るように身近に望めた。
  行者山上より約 40分で綺麗に並んだ、六地蔵さんに迎えられ、剣尾山の山頂を目指す、山頂には行者口から2時間で到達し、山頂にて昼食を取る。昼食後記念撮影をし、横尾山を目指す途中に明治初期に建てられた2箇所の明治10年3月の記入のある、摂津・丹波の國界を定めた、立派な石柱があり、裏側には大阪府、京都府と記入されていた。
  横尾山には、三角点以外、プレートが一枚あるのみ、少し寂しく感じた山の名称や高度が記入した標識がほしいところ、能勢温泉を目指し下山する。下山路は眺望が素晴らしく良いところや、ゴロゴロとした岩場や急な階段が延々と続いて変化のある、下山路であった。能勢温泉の直ぐ山側に巨岩に彫られた珍しい不動明王が祭られていました。何事も無く無事下山が出来ましたお疲れ様でした。

能勢温泉に入浴された方 7名、直接バスで帰られた方7名でした。

報告者  碇 強



第1回へ   第3回へ