里山INDEXへ
第19回へ 第21回へ 



*日 時 2009年4月11()
*参加者 碇(CL)、伊藤(c)、植木、神田、川戸、清水、田中、高橋(SL)、豊島、松田、
           降籏(大、光)森野、藤原、橋本、渡辺守、渡辺淑、吉田、藤田 19

*登った山 吉野山▲435m、高城山▲693m、青根ヶ峯▲857,9m
*コースタイム  六田駅9:18−柳の渡9:48−第75(柳の宿)10:00−第74(吉野神社)10:20
           第73(金峯山寺蔵王堂)12:10(昼食)吉野山12:50
           第72(吉野水分神社)13:30−高城山13:45−第71(金峰神社)14:15
           第70(愛染の宿)14:40−青根ヶ峯14:50−吉野駅17:20

*歩行距離 18,5km   *所要時間 ≒8時間
*天候   晴れ
 

*山行記録

 今回は大阪の里山から変更し吉野の桜を見る事にした、折角吉野山に来たので、大峰奥駆けコースを役行者に縁の在る箇所を見ながら、青根ヶ峯まで快晴で満開の桜の中を登った。

柳の渡し場跡の吉野川の川原で準備体操を済まし、古い町並みを通り大峰奥駆道である、一の坂より第75靡き柳の宿を目指す、古来より在った柳の宿は県道沿い100mほど登った所に移設され、眺望の良い場所に新しく建替えていた、参拝し次の第74靡きの丈六山の場所は吉野神宮である、境内で見事な江戸彼岸桜をバックに記念写真を撮り、吉野神宮を後に不動坂を登り第73靡きは金峯山寺蔵王堂である、お堂から少し下った所で花見をしながらの昼食を取る、食後再度お堂の前に行くと、多くの修験者による採燈護摩が行われており暫く其の作法なりの見学をする。時間が無いので次は吉野山へ登る此処は4等三角点中千本との標識があった。次は急坂になり第72靡き吉野水分神社までは40分を要した、水分神社の中庭には見事なしだれ桜が咲き誇り実に1,000年の歴史を持つ古寺である、参拝を済まし、急坂では有るが15分程で高城山の展望所で小休止を取る、次に目指すは急坂を登り、第71靡金峰神社である、少し下り源義経の伝説の義経隠塔「蹶抜塔(ケヌケノトウ)」を見学し最後の第70靡きの愛染の宿跡より登山道を登った所に今回の最終目的地青根ヶ峯までは高低さ702mである、しかし眺望は無い、小休止ノ後下山をする事にする。下山路は中の千本コースを取り吉野駅までは2時間40分、登りと違い下山路は皆さん満開の桜をあちこちと寄り道をしながら吉野の桜を満喫し又二輪草の群生地に歓声を上げながらのんびりと下山できた、しかし当初の予定通り、かなりハードなコースであった。事故も無く全員元気に予定時間より寄り道を楽しんだ30分遅れで吉野駅に到着できた、山行は長距離で厳しかったが楽しかった。

報告者 班碇 強

第19回へ 第21回へ