里山INDEXへ
前回へ 次回へ 


*日 時 2009年5月16日(土)
*参加者  碇(CL)、大原、川津(勉SL、一)、久保田、田中、高橋、森野、橋本 9名

*登った山 岩橋山▲658.8m、大和葛木山▲959.2m
*コースタイム 阿部野橋駅7時30分集合‐喜志駅‐六枚橋バス停8:35−孝徳天皇陵8:55‐
        餅屋橋8:58‐南今駅池南9:40−ダイトレ合流点10:21−岩橋山11:40−
        葛木山頂14:40−国民宿舎14:40

*歩行距離 15.5km     *所要時間 6時間9分
*天候 曇り一時小雨

*山行記録

 今回の予定はツツジの美しい時をと思い山中泊を計画、本番が近づき、天候は不順な模様、変更は出来ず決行となる。参加の方々元気に、阿部野橋駅に少し早く集合、予定の通りの出立出来た、六田橋より日本最古の古道である、竹内街道を曇天ではあるが、雨が降らないだけ幸せ気分で少し進み孝徳天皇陵に到着、御陵を参拝しダイトレのコースを目指し山道に入る前に、南今駅池南側の山麓で、遠くの正面に見えるPL教団の塔や近くの里山風景を見ながらの早めの昼食を取る。登山道の進歩道南今池線をダイトレ合流地点名までの登り、南今池から南新池を右手に見ながら文化池は左にと進みダイトレ合流点には10時21分に到達する。
 此処からはひたすら階段のアップダウンを繰り返しながら、平石峠を通過し岩橋山を目指し尾根道を進む、一時雨がぱらついたが雨具の着用は不要であった、岩橋山で休息とプレ−トの取り付けを行う、岩橋山から急階段を下れば、伏越峠(岩橋峠)に降りる其処から、またもや急階段を登り大和葛木山を目指し尾根道を進む、久保辻から持尾辻と多くの階段を上りまた下り時折雨がぱらつく中、傘を片手に大和葛木山の山頂に14時33分到着する、天候が気になり途中の休憩が少なかった分予定よりも50分も早くゴールが出来た。葛城高原ロッジ到着後、カメラを片手にしっとりと濡れた満開のツツジの群生の中をゆっくりと花の最高に美しい時に来られ、山全体に咲き誇るツツジの写真を撮りながら、曇天だが雨が降らないだけ幸せ気分での散策を楽しむ。入浴後夕食は名物の鴨鍋を存分に味わい、適当にアルコールも頂き男性4人は大部屋で明日の予定の金剛山の予定コースや天気の具合を心配しながら就寝する

                                報告者 班 碇 強






*日 時 2009年5月17日(日)
*参加者  碇(CL)、大原、川津(勉SL、一)、久保田、田中、高橋、森野、橋本 9名

*登った山 白雲岳▲985m、葛木岳▲1125m、大日岳▲1094m、湧出岳▲1112.1m
        大阪府最高地点▲1053m
*コースタイム 葛城高原ロッジ8:10−水越峠9:30−金剛の水場10:10−白雲岳11:25−
        葛木神社(葛木岳)12:03−広場昼食12:50−大日岳13:05−湧出岳13:30−
        大阪府最高地点13:45−久留野峠14:35−ケーブル下バス停15:10

*歩行距離 12km       *所要時間 7時間
*天候 晴れのち曇り後雨

*山行記録

 早朝高橋さんの天気やとの奇声で目覚める、予報では雨の予想であったのに予想に反し好天気になる、食事前にカメラを持ち雲海を見ながら、再度ツツジの撮影に出かける朝食後、8時過ぎ出立する正面に、青空の下で金剛山を正面に写真を撮りながら、ツツジの群生の中を通り過ぎ、急坂を下山する、水越峠に(9時23分)下り休息、白雲岳を目指し登りになる、金剛の水場で給水をとり急坂を上り旧パノラマ台に(10時30分)到達、暫し明日香村付近の眺望を楽しみ再度登る、ザックを置き道の無い急坂を白雲岳(11時20分)に登頂しプレートの取り付け。
 次は葛木岳を目指す山腹より曇天になり霞んだ山頂が赤く染まった大和葛城山の遠望が2箇所で見ることが出来た、葛城神社参道分岐(11時55分)に合流、葛城神社(12時)に参拝、葛木岳は神社の裏で神域の聖地である入山は出来ない、山頂は断念し、ぽつぽつと雨が降り出したので、転法輪寺脇の山頂広場(12時15分)の上屋のある場所で昼食を取る、今日は悪天候の予想でさすがに山頂は人影が何時もに比べ少ない、山頂広場にパトカーに消防車、付近でぼや騒ぎがあった様子、山行中の火の取り扱いを注意するように改めて自分自身に戒める。食事中に遂に雨が降り出し風もきつくなる、食事を終わり全員雨具の装着、12時50分に大日岳を目指し出
発、10分程で大日岳に到着プレートの取り付け後、葛城神社裏を回り、湧出岳山頂(13時27分)の一等三角点の確認し大阪府最高地点を目指し山頂より下る、大阪府最高地点(13時46分)で雨と霧の中の記念撮影をする。天候が悪いので予定の東條山は断念し久留野峠(13時46分)より下山する事にした、緩やかな登山
道を下りバス停を目指し下山する、途中のお店で山菜等の購入をする方もいた、バス停に15時16分到着既にバス停には河内長野行きのバスが待機している。全員急ぎ雨具を脱ぎ準備を整えたらバスは発車して帰途につく。
                                 報告者 班 碇 強

前回へ 次回へ