里山INDEXへ
前回へ 次回へ 


*日 時 2009年5月17日(日)
*参 加 者  碇(CL)、植木、御旅屋、原、川津(勉【SL】一)、降籏(大、光)、
      田中、高橋、松田、森野、渡邊  13名
*登った山 明神山▲273.6m 寺山2等▲293.6m
*コースタイム 集合:JR関西本線河内堅上8時30分、スタート8:30−森組砕石場8:45−
        明神山9:45 −鉄塔10:41 −関屋地蔵11:07 −葡萄畑脇食事11:17
11:39−
        田辺廃寺跡12:24 −寺山−13:40新池14:20−上ノ太子駅14:54   
*歩行距離 11.3km   *所要時間 6時間24分
*天候 晴れ

*山行記録 
 天候は良いのだが、景観は靄が掛かった天候、折角天候を選んで来たのにと思いながらのスタート、河内堅上より砕石場の跡地に入り準備体操をし、明神山の旧古道に入る、途中は踏み跡も少なく、藪漕ぎをしながら進む、しだいにハッキリと見えてきた関電道を進む、程なく明神山への参道に合流し、山頂は直ぐ近く公園の広場みたい、山頂の三角点を見付けるのに参加者全員で大騒ぎ、やっと会所の蓋の下から現れる。山頂で休息後、寺山を目指し下山路を取る、田辺廃寺跡までは優しい尾根歩き、関電の鉄塔下での休息地は正面に生駒山左には大阪平野、右には奈良盆地が一目で見渡せる絶好のポイントで在るが、生憎遠方は霞み、大阪や奈良方面はかすかに見えるのみ、関屋地蔵を過ぎた、葡萄畑脇の市街地が見渡せる所で昼食を取る、食後市街地に入り田辺廃寺跡の春日神社に参拝し、川沿いにある病院脇から寺山への谷筋に入る暫く谷筋を進み大阪教育大学よりの合流点を過ぎると突然視界が開け藤井寺市の市街地の遠望が見え暫し休息を取る、そこから少し急坂を上れば、2等三角点の寺山しかし山頂からの眺望は無い、山頂から新池まで、降りは道が無い急坂や、薮こぎの連続、新池までくだりしばし休息後、上ノ太子駅めざし進む、地元の葡萄や果物店に入ると色々とお買い物が始まり、やっと終わり少し進むと又もや同じような店に、又もや捕まり葡萄等のお買い物が始まる、駅迄の時間、随分掛りましたが、葡萄は意外と安く美味しく家内にも好評でした。
報告者   碇 強


前回へ 次回へ