里山INDEXへ
前回へ 次回へ 

*日  時: 2009年9月27日()
*参 加 者: 川戸(CL)(SL)、泉(堯、富)、池田、上口、植木、川津、久保田、高橋、
              高木、宮本、吉田、森野  14

*登った山: 根古峰 ▲749,6m、 岩湧山 ▲897,7
*集  合:  南海難波駅3F750、急行難波から河内長野
*コース: 南海バス9:04−滝畑ダム9:45−登山口1000−鉄塔11:33−岩湧山1200(昼食)−
                  五つ辻13:19−南葛城山分岐13:35-根古峰13:50
                  三合目1411−二合目1445-紀見峠駅前1515

*歩行距離:10,6km   *所要時間 5時間30分   *天候 晴れ

*山行記録
当日は天候も時期も良く他のグループの参加者も多く、バスを増発しての出発、滝畑ダムには、予定通りに到着する。登山口で、ストレッチとトイレを済まし、10時出発し、急坂をゆっくりと足場を確認しながら登る、南葛城山や和泉山脈を右側に見ながら進む、登山口より約1時間30分で関電鉄塔に到達し小休止をとり、丁度見頃になった、一面に穂を付けたススキのお出迎えを受けながら、最後の急階段の上りは大汗をかきながら登る。山頂には12時丁度に到着、小休止の後、集合写真撮影、山上はキツイ陽射しなので少し下り日陰での昼食をとる。
 昼食後、根古峰を目指し出発する、途中に五つ辻を過ぎしばらく尾根道を歩く、南葛城山への分岐点は、1335分に通過そこから少し近道を通り、大きな根古峰の表示板は在る、しかし山頂の根古峰は南海電車の反射板の横に埋もれた三角点、あまり登山者も来ず踏み跡もなし、山名札を取り付け、近道のはずの下山路を間違え、引き返す、やっと本道に帰り、一路紀見峠を目指し下山、三合目分岐より二合目まで延々と続く急な階段は皆さんかなり、最後に足に堪えたのでは、二合目からは舗装された根古谷を紀見峠駅まで下り、駅近く国民宿舎紀見荘で入浴組と帰宅組に別れ解散をする。皆様お疲れ様でした、楽しい山行ができました。
今回の山行の、リーダーをされ下見やバスの切符の手配など、色々とお世話していただいた川戸せつさんに感謝いたします。 

報告者   碇 強

前回へ 次回へ