里山INDEXへ
前回へ 次回へ 

*日  時: 2009年12月13日(日)
*参 加 者: 碇(CL)、川津(勉(SL)一)、神田、田中、豊島、原、高橋、森野、渡邊 10名
*登った山: 猿子城山▲709m、槙尾山▲600m
*集  合:  南海難波駅7:50  河内長野~滝畑ダム
*コース: バス停9:45−新関屋橋10:00−ボテ峠10:50−猿子城山11:29−十五丁石地蔵11:49−
                 桧原分岐
12:10−蔵岩分岐12:20−槙尾山12:35(昼食)13:05−蔵岩13:15−
                 施福寺13:40−満願滝14:20−バス停15:09

*歩行距離: 10km   *所要時間 5時間24分   *天候 

*山行記録
今回はダイヤモンドトレールの最終コースの山行でした。バス停から新関屋橋の駐車場に行き準備運動を済まし出発する、集落に架かっている新侍橋の吊橋を横手に登山道に入ると、いきなりの急な登り給水を取りながらボテ峠からダイトレコースを離れる、又も急登を繰り返し、猿子城山の山頂に着くが樹木が生い茂り眺望は良くない、少し休憩を取るとかなり冷え込む早々にプレートを取り付け下山ルートは比較的緩やか、十五丁石の地蔵分岐より北のコースに入り桧原分岐を通り蔵岩の標識がある所から左の斜面を登る、槙尾山頂までは比較的緩やか山頂では同じバスに乗りダイトレコースから来た方達が昼食中、我々も食事を取る事にする。
山頂からの急坂を下り登り返した所が蔵岩、此処では岩登りを楽しんでいる方達がいた、山頂からは大阪湾や南大阪の市街が綺麗に見渡せる、山頂は岩ばかり狭いので写真を撮り早々に急坂を下山する、施福寺の脇にダイトレの基点の標識がある。暫く休息し下山路は寺内の弘法大師の姿見の井戸を見、山門を少し下り満願滝は高さ50mもある、弁財天にお参り、槇尾山口バス停まで約4km途中に山腹の木の伐採をダム建設の為に又道路建設が行なわれている、川沿いに歩いていても少しの水量しか無い川に大きなダムが必要なのかと疑問を抱きながら、バスの時刻を気にしながらも予定の時刻に到着する、帰路全員参加し梅田でにぎやかに鍋をつつき今年の山行を終えた。

                                  報告者   碇 強


前回へ 次回へ