里山INDEXへ
前回へ 次回へ 


*日時:  2010年3月7日(日)
*参加者:  碇(
CL)、植木、川津((SL)、一)、田中、原、橋本、高橋、森野 8名
*登った山: 旗尾岳(天見富士)▲548m、府庁山▲610m、田山▲542m(3等)
*コースタイム: 集合 南海難波駅8:30
        急行難波駅発 8:48−天見駅 9:34−鉄塔10:34−旗尾岳10:50−
        2級基準点11:09−鉄塔12:09−府庁山12:46-鉄塔13:57−田山14:07−
        クヌギ峠14:39−塞ノ神15:00−千早駅15:19
*歩行距離 8km  *所要時間 5時間35分  *天候 雨

*山行記録
 今回家を出る時は曇天、ネットで調べても雨マークが有るが雨量は0の表示、多少の雨は覚悟をしていたが現地はかなりの降雨量、駅のホームで軽食と雨具の装備を整え出発する。駅の裏手より入山しいきなりの急坂を登る、鉄塔の手前のブッシュ手前で、登山道は落ち葉で覆われ道筋不明、巻道に迷い込み引き返す、15分ほど時間の浪費をするが雨の降る中を鉄塔に着き小休止、少し登れば旗尾岳に到着、下見の時には山頂の表示は無かったが、今回は山頂の岩に書き込みあり。
 少し休息し尾根伝いに府庁山を目指す、入山者が少ないのか藪こぎもあり天気が良ければ素晴らしい眺望も期待できるがひたすら、雨の降る中アップダウンを繰り返し進む、府庁山に至る途中に松林や大阪府の2級基準点・関電の鉄塔等を又経塚山分岐で雨中での昼食や休憩を含め約2時間を要した。府庁山三差路に下見のときに有った立派な山行名板やその他のプレーは全て何者かによって除去されていた、少し離れた他場所にプレートを取り付け、風は無いが相変わらず降り続ける中、田山を目指しアップダウンを繰り返しながら、尾根を北上する途中より北西に進路が変わり足元が悪い為に慎重に歩き1時間20分を要し田山へ、山頂にあった山行名のプレート類は全て無し、埋もれた三角点の頭部が目えたが判別出来ず、もう少し先かと進むがどうも変だと思い引き返し、三角点を確認すべく、掘り起こし水を掛け三等の文字を確認しプレートを取りつける。クヌギ峠まで約170mの急坂を雨の中を滑りながら下る、峠から千早口の間に有る、旅行や安産の神である、塞ノ神に立ち寄り15時15分千早口に予定より45分遅れて無事到着する、なんとスタートよりゴールまで雨中の登山でした。
                           報告者 碇 強



前回へ 次回へ