里山INDEXへ
前回へ 次回へ 

*日 時: 2010年4月10日(土)
*参 加 者:碇(CL)、川津勉(SL)、田中、原、橋本、高橋、藤原、澤井、森野、 9名
*登った山:三国山▲885m、葛城第11経塚山▲825m
*コースタイム :集合 南海難波駅7:50  
       滝畑ダム9:40−岩湧山登山口10:09−荒滝10:45−御光滝11:10−夫婦滝11:34−
       林道エンド12:09(昼食)12:40−三国山12:53−宿山金剛童子社13:18−
       七越峠13:30−経塚山14:17−鍋谷峠14:14−鍋谷車道分岐14:45−鬼バス停16:26
*歩行距離 16.3kmkm   *所要時間 6時間36分    *天候 晴れ
*山行記録
今シリーズで、滝畑ダムに来るのは3回目だ、バス停より石川を南下し最初は豪快荒滝から優雅な御光滝、夫婦滝へと舗装された林道を進む、登り始めて、2時間で林道がエンドに為る、この場所から三国山の電波等が見える日差しもやさしい場所で昼食取る、食後は尾根道をロープ伝いに登る事30分で、三国山の大きな表示板の所に出る、三角点は少し北よりの所である、次は尾根道を45丁石や宿山金剛童子社、七越峠茶屋跡等が在る旧道であるが、しかし電波塔の管理道である舗装された道をひたすら歩く、「下見の時にはこの付近で猟犬を連れて猟銃を担いだ猪狩りをする方としばし歓談をした」舗装道を進み30分程で少し登った所に葛城第11番の経塚山(七興寺跡の標識)が在る、この付近は山伏の修行の場所で少し休息し鍋谷峠へと進み国道480号線と合流する、約1km程下った分岐点から標識板に鍋谷を下りて父鬼バス停、4.8km90分の表示、急坂を滑りながら父鬼川まで下り今回初めての気持ちよく歩ける近畿自然歩道でもある、散策路を川沿いに下る、途中の白川に休息所やトイレが有り全員気持ちよく快調に歩く、途中先ほどの国道に合流する、父親地区のバス停の到着は16時26分に到着する、バスは17時01分しかないのでしばしの休息を取る。
今回のコース御光滝の上より、直登コースの予定が、南よりのコースを歩いた為、予定より12分の遅れになり、16,3kmとかなりの長丁場で、舗装道路が長かったが、天候にも恵まれ無事完歩できた。
                              報告者 碇 強



前回へ 次回へ