里山INDEXへ
第2回へ 第4回へ
横巻き: 第3回おおさか里山歩き・《おおさか環状自然歩道》

日 時  2007年10月13日 (土)

*参加者
碇 (CL)、大原、御旅屋 (瑛、春) ,川津 勉( SL)一、 田中、降旗 (大、光)、 藤原、武藤 ( SL) 、森野、松田、以上 14名 

*コースタイム
倉垣 8:17−自然休養村管理センター(準備運動)8:43−登山9:10 −歌垣山 9:38−歌垣神社10:55−七寶寺11:01−11:30(食事)12:00−釈迦ヶ嶽12:30−小和田山13:32−林道分岐14:22−倉垣   バス停 15:17。

 

*登った山
@歌垣山▲ 553,5m、A釈迦ヶ嶽▲512m、B小和田山▲661,7m、

*歩行距離   11,2km。      *歩行時間  7時間 0分。

*天 候   曇り。

予定時刻の 9:15分に倉垣に到着、近くの自然休養村管理センターで準備運動後出発、堀越峠までは、だらだらとした登りが続く。
  歌垣山登山口より山上まで168,5mの急登、山上には展望台もあり、広々として展望も良好、少し下った公園の東屋で休憩を取る。近くで 栗拾いに夢中収穫おおいにあり 、ほどなく下山し、七寶寺を目指す、七寶寺には異常に多くの大小の仏像が各所に配置されていた、又山上に巨大な仏像が安置されて、下界の集落を見下ろしている。
  昼食はその仏像の頭付近の山中で済まし、釈迦ヶ嶽を目指すが、御旅屋さんが、気がつかなければ、山上を通過するところであった雑木林のなかに、小さなプレートがあるのみであった。山名を確認後、小和田山を目指す、林道分岐より、全員手袋をしての小和田山をめざしての約50分の藪漕ぎの連続、とげのある草木の多い事、トゲの有る木を切りながらの山行になった。
  山上は過去には多くの登山者が訪れたのか多くのプレートがあった。山頂はひっそりとして見通し悪く、早々と笹よけの頬かむりをし、長いながいくだりの下山をする。バスの時間に会わし道を急ぐなんとバス停到着すると、藤田さんが居るではないか、藤田さんは、単独で妙見より歩き奥の院、歌垣山を降りてきた所で偶然にめぐり合う、奇遇な出会いとなった。(藤田さんは今回参加であったが集合場所の変更の連絡を忘れ大変申訳ない事をした)

報告者    碇 強


第2回へ   第4回へ