里山INDEXへ
前回へ 次回へ 

*日 時 2010年10月11日(月)
*参 加 者:碇(CL)、川津勉(SL)、久保田、田中、橋本、高橋、南埜、森野
       8名
*登った山:四石山 ▲384.4m
*コースタイム:集合 JR大阪駅いかりスパー前7:40
    大阪駅発7:55−和泉砂川駅8:57−バス9:20−金熊寺9:27〜45−
    鉄塔10:40−採石場最上部11:50−採石場(昼食)11:58〜12:23−
    四石山13:00−わんぱく王国14:30−(着替えとA班対話集会)−
    山中渓駅15:35

*歩行距離 11.7km  *所要時間 5時間17分 *  天候 晴れ

*山行記録
 バス停金熊寺(きんゆうじ)には9時20分に到着、7分程で金熊寺山門前、地元有志の地域のお祭りの後片付けを見ながらお寺の中へ入る、寺内に有るはずの天然記念物の御神樹のナギの木を探すが見つからず、境内脇にある大阪みどり百選に選ばれた「信達神社」境内でようやくナギの木を発見し写真に収め寺の左脇より山道に入る、金熊寺梅園を通り10分ほど進んだ所で、道脇や水路に大きな栗が落ちている、各々少し収穫し山頂を目指す、穏やかな天気だが結構厳しい登山道を進み最初のピークは関電の鉄塔脇に出る、しばしの休憩を取りまたもやアップダウンを繰り返しながら採石場の最上部に出るが休息場所が無い、やむなく前進、少し下り脇に微かな踏み後があり進むとそこは何と正面に関空が見える採石跡の最上部である、穏やかな秋晴れの下で食事には最高の場所なので昼食場所にする、そこから30分ほどで四石山だ、しかし眺望はなしプレートを取りつけ“わんぱく王国”を目指し下山コースをとる、阪和自動車道の騒音を身近に聞聴きながら沢筋へゴールは真近くと思いつつ降るがなんとコースは此処から又もや急登に取り付く、暫く進み気持ちよく進み尾根筋から、歩きにくい石ころだらけの急道を下り終えた所が、親子連れで賑わっている今回のゴールである“わんぱく王国”に到着する、此処で着替え川津A班班長との対話集会後すぐ前の山中渓駅へ。
                   報告者  碇 強





前回へ 次回へ