里山INDEXへ
前回へ 次回へ 

*日 時 2010年12月11日(土)
*参 加 者:碇(CL)、川津勉(SL)、小前、久保田、田中、橋本、高橋、森野、藤原 9名
*登った山:雲山峰▲490 m、四ノ谷山▲363.6 m、地蔵山▲446 m、広西山▲276.4m
*コースタイム:集合JR大阪駅いかりスーパー前7:40 大阪発7:55
                        山中渓駅9:11−第2パノラマ台9:43−第1パノラマ台10:26−
                        四ノ谷山10:55−食事(12:20〜53)−雲山峰12:58−
                        地蔵山13:31−六角堂13:52−広西山14:37−
                        紀泉高原登山口15:10−紀伊駅15:27
*歩行距離 12.2km  *所要時間 6時間16分  *天候 曇り

*山行記録

 曇天だが、午後には雨の予報でした、紀州街道・山中宿から急登の銀の峰コースを第2パノラマへ登り真正面に関空を望む、第一パノラマへと進み曇天ながら大阪湾に浮かぶ、綺麗な関空島や背後に遠く六甲の山並みが薄っすらと望める景観を楽しみ、

和歌山から登ってきた3名の高校生と談笑をし先に進む、コースから少し外れた四ノ谷山の三角点を確認、例によりプレートの取り付けをする、雲山峰より少し手前の陽だまりで少し遅めの昼食を取る、昼食後5分程で雲山峰へ山頂には立派な石柱が立っている、山頂より少し下り、コース外れの地蔵山への山道は少し判りづらく藪漕ぎになる、プレートを取り付け8分ほど進むと広々とした展望広場、其処からは和歌山市内や紀ノ川の河口から紀伊水道が望める絶景ポイントでしばし休息を取る、六角堂より紀伊駅へ下りのコースを取り40分程の所で立ち木に小さな木札に三角点広西山へと赤いペンキの文字を偶然見つける、念の為に確認と踏み跡も無い斜面を登ると確かに三等三角点が存在していた、如何した訳か上部が丸く欠けていた「帰宅後ネットで広西山を検索するが広西山?は該当なし」下山コースは緩やかな下りを快調に歩み、紀ノ川のSEの下を通り紀伊駅へ雨にも逢わず、時折少し風がある位で天候に恵まれた本年度の里山は無事終了。
                              報告者 碇 強


前回へ 次回へ