里山INDEXへ
前回へ 次回へ 

*日時: 2011年2月19日(土)
*参 加 者:赤木、碇(CL)、井畑、泉(尭、富)、川津(一、勉(SL))、上口、田中チ、橋本、
      高橋、藤原、田中み(一般) 13名

*登った山:懴法ヶ嶽▲381 m、児の松跡▲370m、大福山▲427 m、
      俎石山(1等)▲420 m

*コースタイム:集合JR大阪駅いかりスパー前7:40、大阪発7:55−
      六十谷駅9:25−お地蔵
10:08−大福の名水10:33−井関峠11:22−
      懴法ヶ嶽11:40−児の松跡−11:47
大福山12:05(昼食)12:40−
      俎石山14:11−北展望所13:08−俎石山登山口 14:11−箱作駅15:10

*歩行距離 13.2km  *所要時間 5時間45分  *天候 晴れ

*山行記録
 快晴で穏やかな素晴しい天候に恵まれまれ、六十谷を出発、千手川墓の谷筋を役ノ行者堂への参拝道を40分程川沿いを進みベンチの有るお地蔵さんの前で小休止後、林道脇に有る大福の名水で喉を潤し、緩やかでよく整備が出来ている林道を墓の谷分岐より登る、と道が突然竹やぶで覆われて谷筋を登る様な地形になり少し進むが道が無く引き返そうとするとする、後方から来た地元の方らしい方がその方向に進めるとの事、数メートル進むが撤退する事にする、林道に引き返し良く調べれば先日来の雪で急斜面の竹林が崩落し道を塞ぎ通行不可能にしている事が判り谷川の斜面を迂回する事にする無事迂回、井関峠まで「ろくろく坂」快調に歩を進める、小休止後に眺望の良い峠より西方向を目指す、懴法が嶽山頂の眺望も良い、何時ものプレートを取り付け、次に下見の時に「児の松跡」に有った赤い朱色の文字で書かれた懴法が嶽の立派な標識が撤去されていたが370mの山頂からの展望は素晴しい眺めであった。そこから500m程の場所が大福山で穏やかな日差しを浴び昼食を取る、
昼食後集合写真の撮影、俎石山を目指す山頂より200m程の所にある展望台からの大阪湾の素晴しい景色を楽しみ下山コースは俎石山の登山口まで63分箱作駅まで60分のコース、今回は素晴しい天候に恵まれ、和歌山県の紀ノ川から淡路島や大阪湾に浮かぶ関空、遠く六甲山の山並みまで見ることが出来楽しい山行になりました。
                              報告者 碇 強


前回へ 次回へ