里山INDEXへ
第4回へ 第6回へ
横巻き: 第5回おおさか里山歩き・《おおさか環状自然歩道》

* 日  時: 2007年11月17日 (土)

*参 加 者
碇 (CL)、内川、川津(SL)×2、御旅屋、高橋、松田、田中、原、森野、福家、藤原、降旗×2、武藤( SL)、藤田(一般)、 16名 

*コースタイム
妙見口 7:53−吉川峠8:30−青貝山9:00-天台山10:57−光明山登山口 11:15(昼食事)11:43-光明山12:03−切畑1254-余野 -十三仏 13:06−切畑口バス停 13:20、

*登った山:
@青貝山▲ 391,4m、A天台山▲640,1m、B光明山▲639m

*歩行距離   8,6km。            *歩行時間   5時間27分。

*天  候  晴れ。

 妙見口で全員集合、 8時53分に駅前をスタート、吉川峠を目差す、車道を南下し、JA前で野菜の朝市をしている東側より、坂道を登る、近くの畑の小屋の屋根には、早くもこの時期に、薄氷が張っているではないか、流石に北摂は寒い所である。少しの間急坂を登り、吉川峠でストレッチをし、整備運動と登山準備をした、後、青貝山を目差す、谷川を渡り急坂が続く尾根を登った所に、関電の鉄塔があり鉄塔の下を通り過ぎれば、程なく青貝山に登頂する、山頂からは、悪名高い箕面 森町 の住宅の開発等が見下ろせる、準備して来た登頂記念のプレートを始めて、今回から取り付けることにした。少し休憩の後、天台山を目差す、尾根筋の広葉樹はおおかた落葉している、木漏れ日を受けながら落ち葉を踏み、気持ち良く進むが杉林に入ると木漏れ日もなし、地面には勿論下草も無い、味気ない、薄気味悪い林道が長々と続く、やっと日の当たる場所に出た所で大休止をする、休養が永すぎ、女性方に急がされ、天台山に向かうも、 10分弱で到着をする、此処も杉林の中、登頂記念のプレートを取り付ける、下山路は杉の大木が台風により倒木した根っ子の間を通りながら、やっと車道に出る。ここの車道はおおさか環状自然歩道の一部である。車路を200m程北に向かい、最後の光明山の登山口、此処で昼食を取る事にし、程よく日に当たる場所の道路脇の溝の中に腰掛け。お喋りをしながらの昼食中に、光明山の、登山路を4〜5人の警官らしき(1名制服)人達もう1名は、登山者らしい方が降りてき、我々が食事をしている事に気が付き草むらに中で立ち止まる、数分後ワンボックスカーが我々の昼食中の、ど真ん中に駐車をする、草むらで待機中の方々が銀色の袋で覆われた、タンカーを提げ、車中にその荷物を収納、制服の警官と登山者らしき方、車の方は挨拶をしながら別々に立ち去る、その間数分の出来事であった、我々は全員食事中に、そのタンカーに乗せられた、袋らしき銀色の布で覆われた荷物は?・?・?と想像をすることになる。食事もほどほどに、登山道に入り尾根道を歩き、今回最後の光明山に到着、此処も杉林の中、プレートの取付けと記念撮影の後、 豊能町 切畑口を目差し下山をする、途中の鉄塔付近は眺望の良い所があり、山行の楽しみを満喫をし、下山後切畑口の駐車場で休憩中に地元の方の情報により、近くの余野十三仏を見学する事に為った、休憩を切り上げ 1564年(永禄7年)造立で表裏の両面に彫られた20体の石仏、地蔵菩薩立像をゆっくりと見学する事が出来た。帰路のバス停に着くとなんとバスの定刻の6分前、非常にラッキーと池田に向かう。今回の5回目で本年度の里山歩きは終了する、池田駅近くで有志のみで反省会を行う。

報告者 碇 強


能勢・妙見地区での里山歩き集計  *登った山、【  15山 】
1回目

三草山 :564,1m 滝王山 :570m 長谷山 :507,4m  

牛の子山 :450,8m、

2回目
行者山 :469m  剣尾山 :784m  横尾山 :784.9m、
3回目
歌垣山 :553,5m  釈迦ヶ嶽 :512m  小和田山 :611,7m、
4回目
妙見山 :660,1m  高代寺山 :488,7m、
5回目 青貝山 :391,4m  天台山 :640,1m  光明山 :639m

*延べ歩行距離   【 61,7km】平均12,34km/回

@ 14,1km  A 13,2km B 11,2km  C 14,6km  D 8,6km

*延べ歩行所要時間

【2 9時間15分】平均5時間51分( 約 6時間 ) /回

•  6時間40分  A 5時間25分  B 7時間  C 7時間43分 

D 5時間27 分

 

第4回へ 第6回へ