里山INDEXへ
第6回へ 第8回へ
Horizontal Scroll: 第7回おおさか里山歩き《おおさか環状自然歩道》

日   時    2008 年2月16日 ( 土 )

参 加 者
碇 (CL) 、内川、御旅屋×2、川津 SL ×2、神田幸、豊島、松田、藤原、降旗光、田村香、田中、渡邉、藤田、以上 15 名 

コースタイム
かおり橋・自然歩道 6 号線 8:36- 分岐 9:16 −明ヶ田尾山 10:20 〜 10:40 −鉢伏山 11:31 −長谷山 11:56- エキスポの森 12:15 〜 12:55 (昼食堂屋敷山 13:29 −天上ヶ岳 14:00 −百年橋 14:30 −龍安寺 15:30

登った山 明ヶ田尾山▲ 619,9 m、鉢伏山▲ 604 m、長谷山▲ 568 m、堂屋敷山▲ 553 、 2m 、天上ヶ岳▲500m、  5 箇所の山の縦走、

歩行距離   14,2km 、          所要時間  7時間 24 分、

天  候  曇り後晴れ

 当日は寒波の予想でタクシーの予約は出来ず、予定時間に集合し状況の説明をする、コースの変更と、かなり時間を要するが箕面ダム湖の東北のかおり橋までタクシーに分乗し、出発をすることになった。自然研究路6号線を登る、分岐点の手前の谷筋で登山道や斜面には雪が積もっている、アイゼンの着用無しで、休息を取りながら、ゆっくりと登り尾根筋に出て、鉢伏山コースを取る、箕面の山が真っ白に成っている、斜面や登山道の雪景色を楽しみ、雪を踏みしめながら又、アイスバーンになった山道を歩ける事を楽しみ鉢伏山の山頂脇を通り過ぎ、明ヶ田尾山をめざす。登り始めて1時間44分でやっと明ヶ田尾山に登頂する【計画では高山より42分】、集合写真と記念プレートを取り付けて、少し休息の後鉢伏山をめざす. 

 下山コースは来た時の道を返ることにする、ゆっくりと雪景色を楽しみながら、歩く事 51 分で鉢伏山に到達、山頂は眺望が良く無いので記念プレートを取り付け早々に下山をする。次は長谷山をめざす、ここも周回コースを中止して ピストンする、踏み跡も無い長谷山の山頂は一面雪で被われていた、少し下った所がエキスポ 90 箕面記念の森公園で太陽の日を受け、少し遅くなったが、のんびりとベンチで昼食を取る。昼食後公園を出発し堂屋敷山をめざす、車道に出てから、少し上った北側の道路は一面アイスバーンに為っていたが、アイゼンの装着をせず慎重に歩き、関電道から堂屋敷山に入る、雪に被われた3等三角点ながら、眺望はまったく無し、記念プレートを取り付け、最後の山は天上ヶ岳で、 20 分程の所に位置する、天上ヶ岳は役の行者 ( 神変大菩薩 ) を祭ってある墓所である。天上ヶ岳付近からは、先ほど登った堂屋敷山や次回に行く、最勝ヶ峰を始め 箕面や豊中の遠望を楽しみ、行者自然歩道から自然研究路2号線を経て百年橋に下る、箕面滝前を通り龍安寺前で整備体操の後に解散をする。 今回のおおさか里山歩きは、寒波によりスタート時にコースの変更をし、歩行距離も時間も長くなったが、全員無事に快適な箕面の山の縦走が出来た。

報告者 碇 強


 

第6回へ 第8回へ