里山INDEXへ
第8回へ 第10回へ
横巻き: 第9回おおさか里山歩き《おおさか環状自然歩道》

日  時   2008年4月5日(土)

参 加 者
碇 (CL) 、泉 (堯、富) 内川、御旅屋 (春、瑛) 川津( 一、勉 SL )久保田、神田幸、豊島、松田、橋本、幡司、藤原、原、降旗(光、大)高橋、 田村 (香、純) 田中、武藤 (SL) 森野、吉田、渡邉、藤田、  27名

コースタイム
千里中央 8:16発−泉原バス停9:00 (キリシタン自然歩道)−まだま村 9:40−キリシタン遺物史資料館9:50−忍頂寺参道−八大竜王宮11:00−竜王山 11:15〜12:10(昼食)−武士自然歩道出合14:10−阿武山15:10−阿武山古墳15:30−大和バス停15:58−JR 富田駅 16:20

*登った山 竜王山▲ 510m、阿武山▲280,9m

*山 域  茨木・高槻地区  NO1

*歩行距離  15km、  *所要時間  7時間00分、

*天 候   晴れ、

 千里中央よりのスタート、バスの乗客は我々グループだけで27人満席になり座れない方もいて、ほぼ貸切状態。天候も良く、里山歩きには絶好の好日山行になった。
  前回の終点よりひとつ先の泉原で下車、キリシタン自然歩道は良く手入れされ、当日もボランテアの方と見受けられる方が、道の整備をしておられた、御礼の挨拶をしながら通過、まだま村からキリシタン遺物史資料館を見学の後、道端に生えている、つくしを取りながらの歩行になった。(大収穫)竜王山の山麓にある 八大竜王宮で小休止をし、山頂をめざす竜王山の三角点を確認し山名プレートの取り付け後、山頂の展望台近くで ゆっくりと昼食をとる、しばしの休息をとる、集合写真の撮影をした後に阿武山をめざし急坂を下山する。

下山途中の清水廃寺・経塚で小休止、これから行く阿武山や山麓の桜の遠望が美しい、谷筋や東海自然歩道に沿って開花している桜をみながら進む、車作大橋を渡り林道に入る林道沿いに沢山の桜が植えられており見事な古木がであった。

長い〜桜並木の林道

 アップダウンの無い、誰もいない、東海自然歩道をのんびりと歩き、武士自然歩道との合流点より阿武山コースにはいる

 阿武山山麓から、先程登って来た竜王山や山麓の桜の花が綺麗に見渡せる所で又も大休止、場所は阿武山中腹、ほどなく阿武 山に登頂しプレートを取り付け、阿武山古東海自然歩道墳をめざし下山する、古墳の周辺を見学、(隣接に有るのが京大地震観測所)バスの大和停留所をめざし下山をする。

今回は少し距離が長く、長時間の歩行になりましたが、天候も良く全員無事に花見を楽しみながらの、山行を終えることが出来ました。

 

 報告者  碇  強

第8回へ 第10回へ