トップへ
植物観察へ
 

カ シ ワ

野崎茂太郎

 前号に載せた 「サルトリイバラ」に、「サルトリイバラがなぜカシワなのか」という質問がありましたので、今回はカシワについて説明することにします。
  カシワというと今は柏ですが、大昔は食物を盛ったり包んだりする木の葉のことを云いました。無土器の時代に食器の役目をしていた葉です。食器となると大きいのが良さそうですが、その頃は人がまだ天地の神様と一緒に住んでいた時代で、「共食」といって、神様とする食事が大切で、そこで使われる資格のある葉がカシワでした。  朴・柏・赤目柏・楢柏・橡などがその仲間です。  

  日本民俗語大辞典によると、カシワは炊葉(かしぐは)で、食物を煮炊きしたり盛ったりした葉で、広く食事を指す言葉だったといいます。これには広い意味があって、やがて膳(かしわで)となり、神や貴人を食卓に招くときに打つ拍手(かしわで)の語源にまで及んでいます。つまり、食事を作ることから、食器、食膳、手を打って神を招いて共食するまでの、一貫した儀礼にすべてカシワがかかわっていたのです。
  万葉集の頃には、すでに立派な食器があって、日常生活では木の葉など使わなかったのですが、神を祭る時には必ずカシワを使いました。「柏で酒を酌む」とか、「柏で酒を飲む」とかいう歌があるのはそのためです。平安時代になってもこの習慣は続いて、葉椀(くぼて)葉盤(ひらで)という、カシワで作った祭器(食器)が盛んに使われました。神社の数が増えてカシワが足りなくなり、地方から大量に送らせたことが延喜式という文献に載っています。

  朴の木は厚朴(ほほがしわ)といって、この用途にもっとも多く使われた葉でした。今でも朴葉飯といって、朴葉で包んだ飯を田の畦に吊し、田の神に捧げ、後で食べる習慣がまだ地方にはあります。神様と共食した名残はまだ農村の信仰には残っています。
  柏餅・桜餅などは食文化が進んでから生れたものですが、この葉で包むカシワの意味を引き継いでいます。サルトリイバラも柏餅や十五夜団子を包むのに使われていました。祭りや神事で食物を盛る聖なる葉がカシワだったのです。カシワとつく木をこの意味で見直してみましょう。
  民俗誌『花の匂う』は、こういう木と人とのかかわりをテーマにしています。木の民俗を知ることは、その心を知ることです。心を知った上で、もう一度木を見直してみませんか。新しい発見があるかもしれません。