戻る
‘07 初級登山学校

初級登山学校座学「安全登山と岩場の歩行」

報告 山本理絵

日時: 5 月 30 日  19 : 00 〜 21 : 00

場所:豊中労山事務所

講師・スタッフ:舛井、伊藤、川津勉、川津一二三、嵯峨山(敬称略)

生徒:佐藤、村田、井之上、小前、箕林、山村、井畑、久保田、山本理

 

■資料の「登山技術の意味」を生徒が音読

 

安全登山に必要なのは知識、技術、体力。

最初に一人づつ自分の考える「安全登山とは」について発言した事から、

登山の経験がたくさんある者程、たくさんの知識がある事を実感させられる。

そして技術の基本は歩き方であるということで、靴と斜面に例えた紙をつかって歩き方をレクチャーして頂く。

坂道では足を蹴り上げずに引き抜く。下りでは靴底をフラットに置いて全体に摩擦かけるなど。

 

■ロープの練習

・クローブヒッチ

・クレムハイスト・ノット

・ダブルフィッシャーマンズ・ノット

 

以上 3 つを教えて頂く。クローブヒッチは講師や既に知っている生徒それぞれのやり方があり、全てを聞くと結べなくなった。自分のやり易い方法一つに絞れば良いとアドバイス頂きやっと出来るように。

忘れず現地ですぐに出来るよう自宅でも練習する様にとのこと。

カタカナの名称を覚える方が難しい。

このそれぞれの結び方やカラビナを実際にどの様な場面で使うのか分からない為、実技では用途も学ばなくてはいけない。