戻る  
‘07 初級登山学校

「道場/大岩岳での読図実技」報告

報告  久保田 明

日 時 2007年5月20日(日)         

集 合 JR道場駅 9時

行 程 JR道場駅⇒千刈水源地浄水場駐車場 10:00⇒A地点〜[班別コース]⇒大岩岳⇒ [班別コース]⇒A地点⇒千刈水源地浄水場駐車場15:05⇒JR道場駅

参加者 [指導]久保、伊藤、川津 勉 、川津 一 、上口、嵯峨山、北谷、杉本

[生徒]村田、小前、佐藤、山村、久保田、井畑、箕林、山本 理

[生徒外参加]荒賀                   ・・・敬称略 班名略 計画書順

報告

今日は、 5月16日の「読図座学」を受講した後の実技訓練です。前日、地形図に目的地の2km四方にある計曲線、尾根、谷、小ピークを色塗りした。我々は、第3班で生徒3名に指導員2名がついて下さる。先ずは、駐車場からA地点へであるが、その手前に良く似た分岐があり、それを西へ進んでしまった。道ではあるが踏み後はなく斜面を滑ると水源地に落ちてしまう景況なので直ぐに引き返した。(私は、コース確認が怪しくなると5分以上進まず引き返す事にしている。)元場所から100m程進んでA地点に着く。初っ端から道間違えで気を引き締める。先頭を生徒3人で交代しながら地形図と首っ引きで進む。幅員1m弱の徒歩道で、先程入り込んだ道とは大違い。今日指定されたコースの道状態を把握する。次のG地点を行過ぎないように確認しながら標高差100m程の緩斜面を登る。G地点からZ地点である大岩岳頂上までの道は、地形図には書かれていない。だが、はっきりした道があり、90m登りで区界線上に出ると標識石柱が小刻みに立っていて頂上まで続いている。小ピークを越えて60m登りで頂上に出た。384.1mの三角点にタッチ。頂上からは、5本も道が出ているので、今登ってきた道を再度確認しておく。きっちり12時なので昼食にありつけた。やれやれ!

間もなく2班も到着。食後、テキストに説明されている「現地点確認(Cross Bearing)」を実習する。布見ケ岳や羽束山や近くのピークを目標物にするも誤差が大きくてきっちりと大岩岳で交わらない。下に見える千刈ダムの出っ張りを同定できるのでそれを目標にするとぴったり合って納得です。(小生、ヘラ鮒釣師にてダム湖の形状には年季入りである・・・閑話休題!)

午後からのC1地点へ出発。頂上からの進行方向は地形図で十分確認しないと大失敗になる。区界線上の道を辿り70m急下りでC1地点を確認してC地点に出る。ここは千刈堰堤から丸山へ向かうコースの途中である。次はD地点までのピストンである。D地点がはっきりしないので念の為300m先へ進んで分岐を確認してから戻った。殆ど高低差のないD→C→Bを経てS地点に着く。S地点を道なりに進むと谷に入りテープが幾つも巻いてあるものの踏み後がない靴幅程の悪路である。コースを外したと判断してS地点へ戻り一息入れてルートを探す。指導の方の“S地点からは間違えやすいですよ!”の助言をもとに、地形図にある道を見つけた。これでA地点に向かえるので、途中タニウツギを愛でる余裕も出来た。出発したA地点に無事戻り、指定された読図コースを完歩。第3班全員で本日の大健闘を讃えた。

駐車場前に計画通り15時に到着、下山後のミーティングになる。生徒全員が充実した実習を喜び満足すると共に、貴重な時間を割いて指導下さった皆様方に感謝を捧げました。

読図は、山行に際して 「行程を計画に沿って安全に進む」 ための大切な技術である。これからの山行に活用して、一層レベルアップを図りましょう。