戻る  
‘07 初級登山学校

初級登山学校実技(比良山縦走)

報告:井畑秀敏

 

日  時: 6 月 30 日(土) 7 : 15  〜  7 月 1 日(日) 13 : 00

場  所:比良山

講  師:久保、佐野、多田、大成、徳原、野村、山田

スタッフ:北谷、嵯峨山

生  徒:井之上、久保田、佐藤、箕林、村田、山村、山本、井畑

 

6 月 30 日(土曜日)

幾分緊張気味で全員集合、初めてのテント泊縦走なのでザックの重さが気になる様子。お互いの重さを確かめ合っていた。

堅田からバスで坊村に向かう。山間部に入るにつれて幾分空が怪しくなってきた。自称“雨男”の生徒会長に敬意を表しているのか、と思いつつも晴男晴女の勢力で雨が降らないことを願う。

10 時、登山口を出発して本日のテント場(木戸峠)を目指す。

10 時 40 分、三の滝に到着。更に牛コバを過ぎしばらく行くと林道から離れ白滝谷に沿っての沢道に入る。岩の上や丸太の橋は滑りやすいので足元に注意しながら進む。

昼食後 13 時 30 分、滝見不動で休憩、ザックを降ろして夫婦滝を見に行く。ザックが無いと、こんなにも軽やかに歩けるものかと改めてザックの重さを感じる。

15 時、皆無事テント場に到着。テントを設営し、食事の準備をする。途中から小雨がぱらついたが幸い本降りにならずホッとする。自分たちの食事は程々にして B 班の先生方の食事のご相伴に与りに行く。「地べた?カレー」に「和牛たたき」、どちらも実に美味しく、本職以上の味に皆舌鼓を打つ。

7 月 1 日(日曜日)

5 時起床、各生徒の指導による準備体操を終え、7時に木戸峠を出発する。今日は生徒が交代でリーダーとなり、読図をしながら歩く。比良岳、烏谷山を経て 10 時 37 分、金糞峠に到着昼食をとる。やっと霧が晴れて琵琶湖が見えるようになった。

11 時出発、「青ガレ」を下って比良駅に向かう。かつては青色の岩石で文字通りの「青ガレ」だったそうだが今はすっかり変色してしまい、目を凝らすと微かに青色のところが確認できる。へたに滑って転ぶと大けがをするので神経を使う、下りはさらに続き緊張で全身から汗が噴き出てくる。隠れ滝の近くで休憩を取り、滝を見に行く。水しぶきを全身に浴び体の熱りが一気に冷め、気持ち良く、皆歓声をあげる。

13 時大山口で解散後 14 時JR比良駅に到着、 14 時 23 分の電車で帰路に着く。