戻る
‘07 初級登山学校

第 9 回 座学    室内クライミング体験  ( OCS)

                                            A 班  小前珠江

 日  時  6月6日(水) 午後7:00〜9:30

場  所 OCS
スタッフ 伊藤校長、舛井、朝日、根家、中西、橋本
生  徒 1班 村田、左藤、山村、小前
      2版 久保田、井畑、箕林、山本

   最初に伊藤校長の挨拶があり、全員で準備体操の後、OCS室内にて、垂直の壁を約10M全面ホルダー壁をスタッフの指導のもと水平に進む練習をしました。
  生徒全員はクライミング経験がないため、手や足の運び方について指導を受け挑戦した。
色分けしたホールドに手や足をかけて進むがなかなか難しい。
続いて、屋外で垂直に登る練習をする。
基本的なロープの結び方・基礎。クライミングをする前に必ずロープを2〜3度強く引いて確実に結ばれているか確認してからクライミングをする事をおそわる。
腕の力ではなく、足で登っていく指導を受けるが、つい腕に頼ってしまい疲れてしまう。
簡単そうに思えたが頭と体がついてこない。
クライミングは思考錯誤で登ることだと思いました。
腕の力がなくなって何度か止めようと思ったが、皆さんの応援で登れた達成感は最高でした。
今回のフライミングはなかなか普段経験することのない大変貴重な時間でした。