戻る
‘07 初級登山学校

「清掃登山・テント泊」

報告 山本理絵

 

日時: 6 月 2 日(土) 17 : 00 〜 3 日(日) 15 : 00

場所:妙見山

講師・スタッフ:舛井、伊藤、朝日、木嶋、橋本、横山、中西、河野、塚本、羽馬、関根、広高、嵯峨山、金本、降旗、北谷、仁井谷(敬称略)

生徒:小前、佐藤、山村、井之上、村田、久保田、箕林、井畑、山本理

 

6 月 2 日

17 : 00  集合

17 : 20  テント場へ移動

17 : 45  各班に分かれてテント設営、夕食の仕度

21 : 00  自己紹介や山の歌を楽しむ

23 : 00  全員就寝

 

6 月 3 日

5 : 00  起床、朝食、テントの片付け

7 : 00  ザイルワーク、移動の準備

9 : 00  妙見口駅前集合の後、川の清掃

11 : 45  テント場にて、着替えと昼食

12 : 30  ボッカ訓練、折り返し地点にてパッキングの指導

14 : 00  下山

15 : 00  解散

 

生まれて初めてのテント泊。大きなザックに体を振られちびちびしか歩けない。

限られたスペースでの荷物の出し入れもストレス。とにかく何をするにも手際悪く時間がかかる。協調性について考え、眠れない夜。早くもテント泊で、山を楽しむ為にはなんてたくさんの壁を超えなきゃいけないのかとため息が出た。

そんな軟弱都会っ子の私が吐く弱音を責める人はなく、テントの張り方、ロープの結び方、パッキング。たくさん学ぶ事はあったが、大きな感動を得る様な登山をするには、励ましやアドバイスをくれる方々の様な広い心と思いやりをまず身に付けるべきだと思った。