トップへ  

バードウォッチング  (野鳥観察会)

豊中労山自然保護部が、主催する野鳥観察会のページです。
第1回  服部緑地   2002年 2/16 第2回 服部緑地2003年 1/18
第3回 福島大池 有馬富士 2003年 2/20  
   

第1回 バードウオッチングの報告 
                         
日時 :2月16日(土)  9時〜12時45分
場所 :服部緑地公園
参加者:青山、池田茂(SL)、池田多、加藤洋、田村順(講師)、
田村香(CL)、塚本順、手島俊、中村和、森岡(B班)、藪、
山本、善積、一般参加、善積夫人 計14名
 観察した鳥
カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、
ホシハジロ、キンクロハジロ、キジバト、アオバト、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、シロハラ、ウグイス、ヤマガラ、
シジュウカラ、メジロ、アオジ、コイカル、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、バン、オシドリ 計32種

 

オシドリは悲しからずや・・・・・・

                                              森岡 敏征

快晴、絶好のバードウォッチング日和に恵まれた。北大阪急行の服部緑地公園駅から、うずわ池、新宮池、中池、山ケ池をめぐり、正午過ぎにレストハウス前で解散した。
 集合時にリーダーから緑地公園で観察できる野鳥のガイドブックを手渡される。全部で3
5種もカラー印刷してある。こんなにたくさんの鳥がいたとは思ってもいなかった。
 公園へ向かう街路樹にもメジロやシジュウガラのさえずり声がする。双眼鏡で観察するが
倍率が高いため、なかなかうまく鳥を捉えることができない。小川の水辺では胸から腹にかけてオレンジ色のジョウビタキが尾を上下させている。
 うずわ池ではアオサギを観察できた。新宮池ではカワウが大きく羽をひろげて、私たち
を歓迎してくれた。
水面ではカモがのんびりと泳いでいた。ガイドブックと首引きで名前を確かめる。マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、・・・・・・・ハシビロガモが水中へくちぼしを入れピチャピチャと音を立て忙しそう、黒い身体に赤いくちばしのバンは首を前後に振りながら泳ぎ回っていた。                                                 その中にひときわ目につくきれいな鳥がいる、オシドリのオスである。まるで飾り物のようにかわいい姿である。数年前に緑地公園にやってきて、羽を痛めたために飛ぶことができなくなり、留鳥となってここで過ごしているという。
オシドリ夫婦と情愛の深さの代名詞になっているが、実際はドライで、むしろカモの方が夫婦仲がよいとの話である。
このオシドリも雌に置き去りにされたと思うとなんとも痛ましい話である。中池ではコサギの白い姿も見ることができた。この池もカモが大変多い。オカヨシガモ、ヒドリガモ、・‥。
同じように見えても説明を受け、よく観察すると、違いが分かってくる。
鳥の世界では、総じて雄の方が雌よりもきれいである。いかに雌に認められ、子孫を残すための努力であると聞くと、身につまされる話である。
いつも見慣れているカラスにもハシブトガラス、ハシボソガラスの2種類がいることをはじめて知ったし、講師やリーダーの適切な解説で特徴や見分け方や、野鳥に関するさまざまなことを教わったおかげで楽しい半日を過ごせた。緑地公園も整備されてコンクリートが多くなり、人にとってはきれいになり便利になった反面、鳥にとっては住みにくくなっているという。以前に比べ観察できる鳥の種類が減り、特に水鳥に比較して、山鳥の数の減り方が激しいそうである。しかし、大都市の近郊でまだこれだけの野鳥を見ることができるのは大変貴重である。自然との共生ができるようにこれ以上人工的な手を加えないでほしいと感じた。
 これから野山や水辺での散策に新たな楽しみが加わった。次回の開催が楽しみである。

 

トップへ          野鳥トップへ

第2回 バードウオッチング報告
日時  1月18日(土) 9時〜12時30分
場所  服部緑地公園
参加者 池田多、沢村、妹尾、筒井、中村和、 長瀬、野崎、降旗光、山本、善積寛、雅、田村順,香
    一般参加者 3名、 計16名

観察鳥 コサギ、アオサギ、ゴイサギ、マガモ、カルガモ、ヒドリガモ、コガモ、キンクロハジロ、
    オナガガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、
    バン、オオバン、カワセミ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、シジュウカラ、カワラヒワ、
    コゲラ、スズメ、メジロ、ジョウビタキ、ツグミ、イカル、ウグイス、シロハラ、キジバト、
    ハシブトカラス、ハシボソカラス、ヒヨドリ、ムクドリ  計35種


バードウオッチング
                           
1月18日(土)   妹尾公代
 朝早く降った雨もやみ、服部緑地公園西口に集合した。 「さあ 公園へ」と歩き出してすぐ 木に鳥がいた。もう始まった。あわてて双眼鏡を合わせてみるが見えない。しばらくしてやっと姿をとらえたが、メガネがくもってよくわからない。キジバトらしい、田村さんの三脚の大きな双眼鏡で見せてもらうと模様もはっきり見える。すぐ小川があり、ジョウビタキ、セグロセキレイがいた。
動くのではっきりとらえるのは難しい。でも見えると可愛い。
公園に入り、池の水鳥は動きがゆっくりなので見やすい。
ほとんど、オスがグリーン 白 茶と、はっきりしいていて、メスが地味なのは子育ての際 目立たないようになっているのか。
すっきり晴れないお天気だったが、カワセミの鮮やかな姿も含め、35種類の鳥に逢えた。
枝で忙しくついばんでいたり、いつまでも休んでいたり、枯葉を掘り返して虫を探したり、 様々な生活ぶりを見せてくれた。
山行や散歩の時、「あの鳥は何?」「今何か鳴いた?」状態が何年も続き、鳥がわかるようになりたいと 初めて参加したが、鳥をわかるには 生活を知り、足を運び、観察力も根気もいりそうだ。
今日は田村さんにすぐ教えてもらえたが、名前もわからないと思う。でも少しずつ長い時間をかけて 鳥のことを理解したい。
帰り道、近くの川にも水鳥がいた。近づいて見るとオナガガモ、コガモ、ユリカモメだった。
そういえば図書館で借りて持っていった本の始めに書いてあった。「身近な鳥に目を向けましょう」と。

トップへ      野鳥トップへ

第3回  バードウオッチング報告

日 時  2003年2月20日(木)
場 所  福島大池、有馬富士
参加者  池田多、澤村、田村順、田村香、森岡、山本、善積寛、善積雅、藤本(一般)

コースタイム  JR新三田駅9:40発 → 福島大池11:05着 観察、昼食・12:20発 → 有馬富士山頂(374m)13:30着・13:45発 → JR新三田駅15:20着

観察鳥
マガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、カルガモ、オオバン
キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キジバト、ツグミ、シロハラ
ウグイス、エナガ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ヒヨドリ
カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キジ、トビ、ヒバリ、ウグイス
                              計26種


天気予報は、雨、突風、雷注意報と最悪。どうなることかと思ったが、雨も降っていないし決行と決めて出発。JR新三田駅を出てすぐにカシラダカの一群に出逢い、これは初めてみる鳥だったので幸先がよいと感激。同じところでツグミ、ヒバリ、ハクセキレイなども観察して気をよくして歩き出したところで小雨が降ってきた。皆一斉に雨具をつけ終わったらまた太陽が顔を出して、一同「エー」という感じ。福島大池に近づくにつれて雨が雪に変わり、この日は一日中、雲→雪→太陽また雪とめまぐるしく天候が変化した。しかし有馬富士の山頂で記念撮影の時は太陽が燦々と降りそそぎ、皆の日頃の行いの良さの現れかな・・・・・・。
キジ、シロハラ、キセキレイ他、水鳥も含めると26種類もの鳥を観察でき、山もちょっとした岩場あり、やぶこぎに等しい急な下りありで、とても楽しいバードウオッチングでした。
重い望遠鏡や三脚を担いで、鳥の説明をし、道案内をしてくださった田村さんご夫妻、本当に有り難うございました。                                                                     池田 多喜子

トップへ        野鳥トップへ