トップへ
 
走れ亀さん
 

神戸空港開港記念マラソンと今シ−ズン

サビのきた鉄人28号羽馬芳壽



1990年12月からスタ−トしたマラソン、参加費を払って、ゼッケンをつけて走る、いわゆる 「○○マラソン大会」への参加も204戦となった。参加費の平均は3000円ほどだから、60万 円以上を払って参加したことになる。もちろん、会場までの交通費、食事代などを考えると、100万円以上を、ただの「自己満足」に費やしたことになる。
上位にくい込むわけでもない、ましてや順位表彰の対象になるわけでもない。ただ、ゴ−ルしたと きの満足感、一人でも抜かして、少しでも順位が上がってタイムが縮まった時の満足感、ファイルに入れてある、全レ−ズの「記録証とゼッケン」が増えるのを楽しみに走ってきた、完璧な「自己満足」 の世界。これも一つの道楽だろう。 ただ、仕事に追われて練習時間がとれない上、疲労のため記録の伸びない今シ−ズンだったが、一応、振り返ってみる。

あいの土山マラソン淀川市民マラソンと、同日開催だったため、ここ数年はご無沙汰だったが、開催日が12月となって参加できるようになった。スタ−ト前に体が冷えたのか、腰に刺しこむような鈍痛。
これは棄権すべきかと思ったが、走り出すと収まった。青土ダムの坂を登った9km地点手前、「ハ−フの部」のゲストランナ−、松尾和美さんが追い抜かしていった。こちらもスピ−ドを上げ、追いついて話しかけた。
「松尾さんて、すごく美人ですね」なんてたわいも無い話をしながら、1kmほど並走。しかし、 さすがに「世界陸上競技選手権」のマラソン日本代表である。付いていけなくなり離されてしまった。 しかし、お世辞抜きの「美人ランナ−」と話ながら走れてラッキ−だった。

加古川マラソン昨年は仕事で欠場。かってのハ−フマラソンが42.195kmにバ−ジョンアップされてからの初参加となる。スタ−トして1kmほど走ると、学校の後輩の鍛冶が追いついてきた。
1kmほど並走して、離されてしましまった。「世界選手権」の松尾さんはまだしも、鍛冶にまで離されてしまった。国包地区で折り返して、少し戻って「加古川大堰」を渡って高砂市側へ。そこから単調な河川敷のコ−スを河口近くまで下る。折り返すが、平坦なコ−スのわりにスピ−ドが上がらない。一度も歩かずゴ−ルして、約4時間半。完全に初心者に戻ってしまった。

京都木津川マラソン昨年、この大会を仕事で休んだため、会場が変更されているのに驚いた。吹きっさらしの河川敷のテント。スタ−ト前はまだ良かったが、完走後、急激に冷える体。あわてて着替え、名物の完走後のうどんも、容器をもってうろうろしていたら冷めてしまい、風邪を引きそうになった。これで、雨でも降ればどうするんだろう。

篠山ABCマラソン今年からコ−ス大改造、名物の「飛曽山峠」越えがなくなり、まったく国道を使わない大会となった。その分、平坦となったようだが、しょせんは練習不足と仕事で毎日帰宅が1 2時では、体が重くて重くて、タイムは思うようにならない。 でも、天国にいかず、ゴ−ルに帰ってこられただけ喜んでいる。

中町翠明湖マラソンやっと、仕事を納品して、どうどうと日曜日が休めた。結局、2月〜3月で休めたのは、「木津川」と「篠山ABC」と3日。徹夜があって、最終電車の常連客となった生活から、 いくらか息がつける。昨年はあまりにもタイムが遅いので、愛妻に心配かけてしまった。
スタ−ト付近では、後輩の鍛冶とまた出会った。今日は愛犬ロビンを連れて走るとのこと。これは 「犬を連れて散歩がてら」のやつに負けたらどうしよう、とプレッシャ−がかかってきた。
走り出してすぐ鍛冶が追い抜いていったが、犬は見物の人に預けた、とのこと。本当に安心した。 これで、気にせずマイペ−スで走れる。 気楽になったのか、10kmの地点で53分。これで昨年みたいに、2時間超という屈辱とはなら ない、と思ったとたん、急に体全体が粘ったようになって、後から抜かされ始めた。
結果は、昨年よりはよかったが、やはり2時間超。まあ、いいや。死なずに完走できただけ儲けものだ。

大阪城さくらマラソン完走65回目を予定していた「紀の国美山マラソン」を日曜出勤で欠場した。
この大会はゼッケン番号が永久に「1番(ただし50代の)」であるだけに残念だった。 その代わりに急遽、申し込んだのが、記録会のような少人数の大会、この「さくらマラソン」であ る。
JR桜の宮駅近くの公園をスタ−ト大阪城を2周、中之島公園で折り返して、淀川へ出て「鳥飼仁和寺大橋」まで走る。最終電車で帰宅という就業時間が緩和され、体が非常に軽い。 今シ−ズンは後半の10kmを、すべて歩いたり走ったりだったが、このレ−スだけは最後まで快調だった。

神戸空港開港記念マラソン神戸空港の開業があと10ケ月となった。その記念レ−スである。日差しがきつく暑いなかのレ−ス。
折り返し後の8km地点の海を渡る大橋上、熱中症だろう、手すりにもたれながら辛うじて歩いていた女性ランナ−。また、あと残り500mの地点では、崩れるように顔から地面に突っ伏した女の子。若い女の子なのに、相当ひどく顔を怪我したことだろう。一瞬まよったが、結局は横をラストスパ−トをかけていった。どうせ、たいした記録でないし、助けてやれば良かったと後悔している。
それにしても、関空とまとめて一つの空港にすればよかったのに、もったいないと思った。

先週の霧島縦走で、他の登山者に言われた。「大きな荷物なのに、なかなか追いつけません」と。それはそうだ。いまは練習不足であえいでいるが、山では「俺は鉄人だ」と誇ってやりたかった。
その、先週の霧島縦走。往復夜行バスで、帰ってそのまま仕事。土曜日も出て、日曜日はこのレ−ス。ここまでは「鉄人」だったが、この後、生まれて初めて「強烈な肩こり」に襲われた。

 日時  大会名  種目・距離 開催地  順位/完走者数 タイム  過去の自己最高
同大会 同種目
 10月24日  ゆりかもめIN武庫川  42.195 km 兵庫県尼崎市  調整不足のため欠場   4:07:02   3:29:28
11月7日   
淀川市民
 42.195 km  大阪府枚方市  
858位/1756人中
4:43:10   4:10:53 3:29:28 
 11月14日  揖斐川  42.195 km  岐阜県揖斐町 寝過ぎのため欠場   3:43:22   3:29:28
11月23日 福知山 42.195 km 京都府福知山市
台風被災のため開催中止
  3:34:00 3:29:28
12月5日 あいの土山マラソン 42.195 km
滋賀県土山町
496位/642人中 4:30:46 3:45:13 3:29:28
12月23日 加古川 42.195 km
兵庫県加古川市
325位/450人中 4:29:58 距離変更 3:29:28
1月10日 新春走ろう会(枚方ハ-フ) 21.0975 km 大阪府枚方市 休日出勤のため欠場   1:39:57 1:33:59
2月6日 京都木津川 42.195 km 京都府京田辺市 1005位/1769人中 4:23:51 3:29:28 3:29:28
3月6日 篠山ABC 42.195 km 兵庫県篠山市
2436位/4108人中
4:28:28 3:39:00 3:29:28
3月13日 紀の国美山 42.195 km 和歌山県美山村 休日出勤のため欠場   4:13:13 3:29:28
3月27日 中町翠明湖 21.0975 km 兵庫県中町 100位/163人中 2:02:18 1:37:00 1:33:59
4月2日
大阪城さくら
42.195 km
大阪府大阪市
順位測定無し 3:53:17 初参加 3:29:28
4月29 日堺シティ- 10 km 大阪府堺市 順位測定無し 55:05 44:54 43:00
6月12日 神戸空港開港記念 10 km 兵庫県神戸市
1144位/2936人中
53:18 初参加 43:00

こうしてタイムを見ていたら、何年も練習して縮めた記録も、落ちる時はあっという間に初心者になってしまう。
年間2400kmとか、1ケ月に320kmとかの練習して、42.195kmを3時間半、ハ−フで1時間35分ほどで走っていたころとは、まるっきり別人のようだ。

モチベ−ションも落ちてきた。マラソン(42.195km)100回完走まで、あと35回。100回完走を果たして「もう、マラソンなんか、や−めた」とでも言って見たい。