トップページへ戻る おもしろひろばへ

雑 記 帳 T                      今 西 純 朗 

人生五十(こう)無きを()ず 花木(かぼく) 春過ぎ 夏すでに中ばなり 

                   (細川頼之 七言絶句「海南行」の初二句)

 風化が始まった記憶の中にまだ残っている好きな詩歌(うた)を書き出してみた。

あまつ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ (僧正遍昭)

 学生時代に古典の先生に暗記させられた百人一首、今覚えている唯一首、後の

 99首はヒントがあれば何とか思い出せるかなという程度。

葛城(かづらき)の 高間(たかま)草野(かやの) 早()りて 標指(しめさ)さましを 今ぞ悔しき

 読み人は覚えていないが、いささか実感のある歌で葛城古道を歩けば思い浮かぶ。

まだあげ()めし前髪(まえがみ)の/林檎のもとに見えしとき/前にさしたる花櫛(はなぐし)の/花ある君と思いけり

やさしく白き手をのべて/林檎をわれにあたへしは/薄紅(うすくれない)の秋の()に/人こひ()めしはじめなり

 島崎藤村の「初恋」全四連のうち第一、第二連で、覚えた中では一番の長篇の詩。

磐白(いわしろ)の 濱松が()を 引き結び まさきくあらば またかえり見む (有間皇子)

 しんどい出張や弱気になる山行の前に思わず口ずさんでしまう。

衾道(ふすまじ)を 引手の山に 妹を置きて 山路を行けば 生けりともなし (柿本人麻呂)

 まだ、こんな思いをしたことは無いが山辺の道でこの歌碑に出会う。

石上(いそのかみ) 布留(ふる)神杉(かむすぎ) (かむ)さびし 恋をもわれは 更にするかも (柿本人麻呂)

 年老いての恋を歌っており、そういう歳もいいのかなあと思う。

(いわ)ばしる 垂水の上の さ蕨の 萌え出づる春に なりにけるかも (()(きの)皇子(みこ)

 春、水面のきらめきを見るとこの歌がほとばしるのを感じる。

もののふの 八十(やそ)をとめ()が くみ(まが)ふ 寺井の上の 堅香子(かたかご)の花 (大伴家持)

 カタクリの花に初めて出会ったのはこの歌。

春の苑 紅にほふ 桃の花 (した)()る道に 出で立つ少女(をとめ)  (大伴家持)

 上の歌と同じ、大伴家持赴任先の越中での作で桃園での光景が目に浮かぶ。

梅は匂いよ 木立はいらぬ 人はこころよ 姿はいらぬ (隆達子歌)

 調子がいいのと心意気が好きな歌。

春風の 花を散らすと 見る夢は さめても胸の さわぐなりけり (西行法師)

 桜の咲く季節になるとそわそわしてこの歌のようになる。

隣室(りんしつ)に (ふみ)よむ子らの 声きけば 心に()みて 生きたかりけり (島木赤彦)

 51歳で亡くなる直前の作の1つ。心に沁みる歌。

(しるし)なき 物を()はずは 一坏(ひとつき)の 濁れる酒を 飲むべくあるらし (大伴旅人)