トップページへ戻る おもしろひろばへ

雑  記  帳 U

A班 広高 充

去年の夏の話になりますが、ぼくには小学校1年生と3歳になる甥っ子がいます。山登りを始めたぼくは、いつか登らせてやろうとおもっていました。 でも、いきなり長い距離歩かせて、もういやだとへたりこまれても困るし、とりあえず近場の箕面の山に連れて行きました。

リュックにいろいろ詰めているとき、袋入りのラーメンを見て、お兄ちゃんが、自信たっぷりに「山でそんなものたべれるわけないやん」と、「いやいや、これがあったらラーメンたけるねん」と言って、なべとコンロを見せると、なあじゃこれは・・・と興味しんしんって感じ、よしよしこれでつかみはOKと思い、家を出発しました。

ところが、駅からいきなり今回の山行が足止めを食ってしまいました。それは入り口から並んでいる土産物屋さんです。子供の目の高さにおもちゃを並べているので、なかなかそこから離れようとはしません。こりゃ滝までいけるかな・・・と思いつつ、橋を渡ってから滝道を離れて、階段を登り、桜広場の方に向かいました。 途中、お気に入りの木の棒を拾い、大きな声を出して振りまわしている子供たちを見て、エネルギーをもてあまし家の中で暴れたり、イタズラをして怒られるより、よほどましだと思いました。 ラーメンをたいたとき、コンロの火の調整がうまくいかず、帰ってから子供に「あんちゃん、コンロで火がボワッとなって失敗しとった」と報告されてしまいました。それでもラーメンは盛況で、ぼくの分がなくなってしまいました。

ようやく滝に着くと、子供たちは早く川で遊びたい様子、下に降り、初めてだし足場も悪いので、2人とも手を持ってやらないとダメかなと思っていると、どうした事でしょう、弟の手を引き、もたもたしているぼくをしりめに、お兄ちゃんは岩場をどんどん登っていこうとするではありませんか、あげくには、「あんちゃん(僕)、ここで待っといてぼくが先行って見てくるわ」とすっかり気分はリーダーって感じで、滝の下まで登りつめた時には、満足そうに滝を眺めて、上から見ていた観光客に人の拍手をもらっていました。その当時、彼はまだすべり台のはしごが怖くて登れなかったほどで、弟は全然平気なので、ママからは根性なしのレッテルを貼られていたようです。そんな彼がひとりで岩場を登っていく姿なんて想像もしていませんでした。 子供をそんな気にさせる自然がすごいのか、順応力のある子供がすごいのか、解りませんが、いろいろ考えさせられた、楽しい一日でした。

今ぼくは沢登りをしています、時々なんでやりたいんやろって考えることがありますが、子供たちを見てきて、その必要ないなって思いました。 彼らを労山にデビューさせる日は・・・・まだ先になりそうです。