トップへ 雑記帳へ

雪の稜線への想い


羽馬芳壽


 孫が1才と3ケ月になった。よくなついてくれ、非常に可愛いものだ。自分の子供が小さかった時、 こんなにだっこしてやったかどうか。子供が小さかった頃の、5月の連休は、毎年毎年、雪の稜線へ登っていて、「子供の日」の家にいる時は皆無だった。その時の後悔が、いまも春になると出てくる。その元不良パパが、あの頃のスライドと手帳を見て、登ったあの山、共に登った仲間たちを思い出してみる。
1983年奥穂・前穂同行者:五反田・岩崎上高地から涸沢に入り、涸沢小屋で1泊。翌朝、奥穂、前穂をピストンして、白出しのコルへ帰ってきた。吊尾根では、遭難者(東大阪の女性)捜索のヘリが飛んでいた。穂高岳山荘直上の雪田はグチュグチュでトラバ−スしにくく、上部へ迂回した。
 小屋前で、ラ−メンを煮ていると、4〜5人のパ−ティ−が下りてきて、いやな雪田の下部へ回っている。あの場所は崩れた岩屑が堆積し、不安定な場所である。大声と身振り手振りを交え、注意をするが、そのパ−ティ−は上へ迂回することをしなかった。
 ラ−メンの方へ目をやった瞬間、「ガラガラッ」という音、見ると一人少ない。山荘裏へ回り、蒲田側の斜面を見ると、150m 下に彼女は頭を下に倒れている。いや、頭そのものはカメラの望遠レンズをのぞいても、見当たらない。両手、そしてへんな方向に曲がった両足と胴体だけである。時計を見ると午後2時20分。小規模な落石が続き、小屋の従業員も安否の確認に向えない。雪が舞いだす。その晩は、怖いものを見たせいか、あまり酔えなかった。
 次の朝、外へ出ると小雪が舞っており、白出し沢への道横に、昨日まで26歳の女性だった物体は、彼女のシュラフに包まれ置かれてあり、雪がエビの尻尾上についていた。やがて、ヘリが来て、彼女のザックとともにネットに包まれ、荷物として吊るされて下っていった。
 翌朝、上高地へ下っていく。なにげなく、稜線を振り返ると、上から黒い物体が、音もなくバウンドしながら下りてくる。「落石!」、あわてて逃げる。私と、他の2人は別方向となった。
 岩は彼らの方向へ向かう。2人とも倒れこんだ。その頭上を、猛スピ−ドで通過。あとで、話を聞くと、「ブ〜ン」という唸り声を上げて、真上を通過していったそうだ。彼はガタガタ震えていた。

 1984年燕〜常念〜蝶同行者:佐藤、原田、庄司恐ろしく晴れた4日間だった。雷鳥にもたびたび出会う。槍、穂高を眺め、ゆったりした山旅を楽しむ。日本アルプス初体験の庄司さんは、「皆生温泉」 のタオルで姉さんかぶり。蝶ケ岳ではテントの前を雷鳥が歩いていった。ゆったりとした、なに一つ危険のない幸せな山行であった。こんな雪山もいいものである。

 1985年槍〜大キレット〜北穂〜奥穂同行者:増田、庄司上高地よりグジュグジュのシャ−ッベット状の雪を踏み、槍の肩へ一気に向かう。夕暮れになり、日がかげると、雪面が凍ってしまってくる。
歩行時間12時間余、やっとのことで、肩のテント場へ。一気に登った、疲れでしばらく間、放心状態。 翌朝は、キレットを通過して、北穂に向かう。キレットの下りは梯子で、夏と変わりなく下れた。キレットは不安定な雪の状態。女の子の単独行が、サッと追い抜いていった。前方をいくその女の子の足元が崩れる。ピッケル1本でぶらさがっていた。人の振りみて、と我々もピッケルを深くさす。数歩いくと、足元が抜けた。右手1本でぶら下がった。アイゼンを蹴り込み、足場を作ってせり上り、また前へ進む。飛騨泣きを越すまで、数回、足元の雪を踏み抜く。
 岩のナイフエッジを離れ、北穂へ登るジグザグの夏道は、雪の1枚の雪壁となっていて、見上げると空しか見えない。先行者のステップに確実に蹴り込んで、1歩づつ登っていく。 ステップを踏み抜いた時を考え、1歩ごとにピッケルを根元まで、差し込みながら。時々、岩に当るのか、「カ−ン」といった音と共に手に響く。下を見れば、雪壁の下は横尾本谷に落ち込み、滑ったら止まる平場がない。「ザイルを出して欲しい〜」。
 上方に人の声が聞こえると、北穂の小屋へポンと飛び出す。小屋泊まりの登山者から、拍手で迎えられた。やっと登りきった。その晩は、松濤岩の陰で幕営するが、一晩中、風がゴ−ゴ−と鳴いていて、テントが絶えずへしゃげ、結露して凍った水分が顔にかかる。
 翌朝、出発早々、涸沢のコルへの下りは、完全に道をはずした。東斜面の雪庇の割れ目を下る。不安定な雪、浮石だらけの壁、持ったらすぐ抜けた這い松。「ザイル出してよう」、泣きたくなった。梯子を上って、鎖をよじ登って涸沢岳頂上へ、「万歳」。余裕で、ついでに奥穂へピストンの後、下る。徳沢園ではマ−ボ豆腐の夕食。草の上の幕営、小屋で買ってきた冠ビ−ルに日本酒、やっと安心して酔えた。

 1992年西穂〜ジャンダルム〜奥穂同行者:橋本、庄司、伊藤新穂高温泉よりロ−プ−ウエイで西穂へ。大阪の他の労山の2〜3パ−ティ−も同行である。西穂よりの上りは、上の方に雲がかかっている。本日は晴天など望めないだろう。
 独標を過ぎると、道が急に難しくなる。ホワイトアウトで、西穂の頂上が見えない。風を避けれる場所を選んで幕営。夜、寝ていて「明日も生きて、シュラフの中で、寝れるんだろうか」不安になる。
 翌朝は快晴、みれば目前が西穂だった、西穂を過ぎると、さらに足元が悪くなる。左を見れば、雲海の上に笠ケ岳は真っ白い稜線を見せている。
 その明るい景色とはうらはらに、我々の歩む稜線は、蒲田側から吹き上げる地吹雪である。サングラスの間から、雪の粒が目に入ってきて痛い。
 前方をみると、先行パ−ティ−がアンザイレンで進んでいるが、その重いザイルが風でたなびいている。あんな痩せ尾根で、強風の中進めるのだろうか、それどころか、立っておれることすら出来るのだろうか。雪庇を踏み抜いたり、上高地側へ吹き飛ばされるのではないだろうか。
途中、数度、おおげさだが、平均台の上を渡るように狭い稜線をいく。強風の中、右は長野県上高地、左は岐阜県蒲田の谷への急傾斜の、雪の痩せ尾根となれば、そんな気持ちになる。ジャンダルム手前で、時間切れ、テントを張る。夜中、水を飲もうとするが、ポリタンの水は凍り付いている。揺すると、水と一緒にざらめ氷が口に入った。
 翌朝は、ジャンダルムへの雪壁をピッケルを差しながら頂上へ。奥穂側は懸垂下降で降りる。降りたところからの稜線は、「この上を歩いて通過するのは、とてもじゃないが無理だ。踏み外してしまう。」とギブアップ。稜線を跳び箱のようにまたがって、前へズリズリと進む。右足は長野県に、左足は岐阜県に下がっている。尻が冷たい。ロバの耳の飛騨側の鎖場を、庄司さんが先行して、偵察にでる。結論は「鎖が途中で雪に埋まり前へ進めない」。行ける所まで行って、懸垂下降で45mのザイル一杯下る。
 自分で蹴った壁から剥がれ落ちる、雪と氷が頭の上から降り注ぐ。気が付けば午後3時半、食事もとらず夏道なら1時間余のところで1日がすぎた。テントの中で、湿って凍ったシュラフを出して眠る。
 最終日、馬の背を登って見慣れた奥穂が目の前となると、「これで生きて大阪へ帰れる」と涙が出そうになった。同じ日に涸沢に入っていた、豊中の会員ですら、あのメンバ−(我々)がこの縦走を出来るわけがない、と言っていたそうだ。しかし、そんな評価に反して、なんとか縦走をやり遂げて下山した。
こう書くと、武勇伝のようだが、コ−スや天候の状態、首なし死体まで、すべてカメラに収めていて、それを見ながら、脚色をしないよう、冷静に書いている。
 五反田は転勤、岩崎は結婚して大阪を離れ退会。増田さんは病気で退会の後、亡くなった。佐藤は大学に就職が決まって新潟へ、そしてOBを経て退会。伊藤は他の労山へ移り、橋本さんと庄司は、岐阜と長野県へ移っていった。昨年末の「岳友」で原田(浅田)さんの退会がひっそりと載っていた。
 風がゴ−ゴ−と吹き、バタバタと揺れたテントの中で、食事を作り、暖を取っていたガソリンコンロ「ホエブス」も姿を消した。一つの時代は終わった。
豊中労山での初めての「雪の稜線」、稜線上で尿管結石になったメンバ−を救出に、常念岳一の沢まで来てくれた橋本さん、戸田(孝史)くん。彼もずっと前に退会した。岳人たちは去った。時代は変わってしまったのだ。怖かったけれど、もうあんな充実した、「雪の稜線」を幕営縦走することはだろう。